脱プラスチックを生活に取り入れる方法|おすすめ代替製品・素材リスト

脱プラスチックを生活に取り入れる方法|おすすめ代替製品・素材リスト

ゴミになる使い捨てプラスチックを生活から減らしていく脱プラスチックの動きが話題になっています。

プラスチックを減らすことで得られるメリットは個人レベルから社会レベルに渡り、代わりに長く使えるアイテムを探す楽しみもあります。

今回は、脱プラスチックを生活にスムーズに取り入れる方法や、おすすめの代替アイテムを紹介します。

すでにサイト内ではステンレスストローやビーワックスを使ったラップを取り上げてきました。

ここでは、一歩ひいた視点から「脱プラスチックとは?どうして取り入れるべきなのか?」といった点を含めてまとめています。

「何から”脱プラスチック”していいかわからない」

「脱プラスチックに代わるアイテムには、どんなものがあるのか知りたい」

「脱プラスチックをする上で注意したい点は?」

と思っている人にとっても参考になる情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

Advertisement

脱プラスチックを生活に取り入れるべき理由

脱プラスチックを生活に取り入れるべき理由として、3つの視点からお話します。

  • 健康的ライフスタイル
  • サステナブル
  • 環境配慮

脱プラスチックは健康的ライフスタイルに関係している

ごく小さなサイズのマイクロプラスチックや、プラスチック容器を加熱した際に発生する環境ホルモンなどの影響が懸念されます。

レンジでチンできる容器は特に注意したいところ。

加熱するものでなくても長期的に保存することを考えると、プラスチックよりほかの素材が適しています。

同じ中身であっても、容器がグラスとプラでは中身は違うものとして扱うべきものだ、といっても過言ではないでしょう。

脱プラスチックはサステナブル生活に関係している

使い捨てのプラスチックの代替アイテムは、木や竹、布、グラス、ホーロー、ステンレスなど。

長く使える素材でできているものを選ぶことで、プラスチックの消費量を減らすことができます。

脱プラスチックは環境配慮に関係している

2016年1月の世界経済フォーラム年次総会での報告書によれば、少なくとも毎年800万トンもの廃プラスチックが海洋に流出し、このまま行くと2050年には海洋中のプラスチックの量が魚の量を凌駕する(重量ベース)という。 歯磨き粉や洗顔料のスクラブに活用されるマイクロビーズのようなマイクロプラスチックも問題視されている。〜2030年までの国際開発目標として掲げられたSDGs(Sustainable Development Goals)でも、持続可能な消費や生産、海洋資源の保護等が目標として設定されている。

(引用元:ニッセイ基礎研究所

大切なのは「自分の足るを知る」こと

脱プラスチックは流行であり、大切な考え方ではあるのですが、闇雲に取り入れるよりも有効な考え方があります。

それは「自分の足るを知る」こと。

自分はどこまで脱プラスチックを取り入れるのか、どんなペースで取り入れるのか、を意識して行動しよう、ということです。

実際にペットボトルの飲み物やスーパーやコンビニの惣菜が欠かせない毎日を送っている人が、明日から突然100%の脱プラスチックを目指すとなると負荷が大きすぎて大変です。

「脱プラスチックを何が何でも貫かなければ」と、自分自身に錘を課すようなやり方は健康的とはいえません。

身近な人がよくわかっていない段階から強制するのも同様です。

(食事法の強制なんかがあれこれ問題視されてきましたよね、汗)

脱プラスチックについて、自分でも納得した上でできそうなことから始めてみましょう。

脱プラスチックを生活に取り入れる方法

脱プラスチックを生活に取り入れるためのおすすめの方法を紹介します。

  1. 納得して始める
  2. 使い捨てる数が多いものから取り替える
  3. 素材に注目する
  4. 無理しない

おすすめ脱プラスチック代替製品スターターキット

【脱プラスチック・スターターキット】

  • 冷水・常温水用のウォーターボトル/ドリンクホルダー
  • 温水用の魔法瓶
  • ステンレスストロー・グラスストロー
  • ワックスラップ
  • エコバッグ(ショッピングバッグ)
  • 使い捨てないマスク
  • シャンプーバー/コンディショナーバー


ウォーターボトルや魔法瓶は、素材に注目したいですね。


折り畳めて丈夫なエコバッグは、いくつか買っておいて、かばんの中、車の中、などいろいろ入れておくと忘れる心配もなし。

【上級編】

  • 脱プラスチック収納
  • 保存容器

【番外編】

  • 簡単コンポストキット

保存容器や脱プラスチック収納は次の段階としました。

保存容器といえば野田琺瑯が有名ですが、ガラスコンテナも使えます。セットになっているこれは本当にお得でいろいろ使えて便利です。


収納を替えるとなると中身の整理が伴い時間がかかります。少しずつでも着実に替えていけると理想的ですね。

LFCコンポストセットは手軽に始められるコンポストで、生ゴミ削減につながるエコ活動の一貫としておすすめです。

一人暮らしや高齢者の二人暮し、子供がいてマンション暮らしの家庭でも取り入れやすいですよ。

脱プラスチックアイテムの素材【紙・木・竹など】

 

脱プラスチック企業の取り組み

現在は、多くの企業で脱プラスチックやプラスチック削減をかかげています。

地球レベル、社会レベルで見たときに、脱プラスチックを促進するためには企業、つまり供給側の変化が必要不可欠です。

というか、むしろそちらが重要なのであって。

サステナブルや脱プラスチックについて知れば知るほど、どうしてこんなにも個人レベルでの対策が取り上げられているのか疑問に思わざるを得ないのですが。。

まとめ

脱プラスチックについて改めてまとめました。

個人レベルでも取り入れた方がいい理由としては「その方が気持ちがいいから」。

脱プラスチックに興味がある人の参考になれば幸いです。