シャンプーバーの選び方と注意点|ラッシュ以外のおすすめ・エコで経済的

シャンプーバーの選び方と注意点|ラッシュ以外のおすすめ・エコで経済的

海外だけでなく、日本でも注目を集めている「シャンプーバー」。

生分解性のないプラスチックボトルの流通にも配慮できる優秀なアイテムです。

今回は、シャンプーバーの選び方やおすすめのオーガニック商品についてまとめました。

  • エコ、エシカルブランドに興味がある
  • オーガニックコスメやナチュラル化粧品が好き
  • 自然美容や健康を意識している
  • プラスチックの環境への影響を考えたい
  • コスメキッチンやビープルの商品が好き

上記のような方にはおすすめの内容です。

Advertisement

シャンプーバーの選び方

海外ではシャンプーバーは、名前のとおり「シャンプーをバー(固形石鹸状)にしたものです。

つまり、通常の固形石鹸や体用のせっけんとは成分は異なる扱いをする必要があります。

体の肌はCMでおなじみのように弱酸性ですが、髪や頭皮は少しアルカリ性です。

通常のボディ用せっけんと同じpHを、シャンプーバーとして髪に使うことはおすすめできません。

市販のシャンプーバーの中には、こうした違いや背景を無視して作られているものもありますので、注意してみてください。

シャンプーバーのエティーク(Ethique)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ethique (@ethiqueworld)


コスメキッチンにて取り扱いがあるエティーク

この商品でシャンプーバーの存在を知った、という人も少なくないのでは?

ニュージーランド発のエシカルブランドで、シャンプーバーのほかにコンディショナーバーも製造しています。

「サイズが小さい」と感じるかもしれませんが、長持ちするアイテムなのでご安心くを。

シャンプーバーは液体シャンプー3本分、コンディショナーバーは液体コンディショナー5本分という説明がサイト上にあります。

ボトル入りのシャンプーと比較して、コスパがとても高い点もシャンプーバーのメリットです。

エティークのシャンプーバーは色や香りの種類が多いので、自分の髪質に合わせて選ぶと良いでしょう。

ポイントは、使わないときにしっかりと乾燥させておくこと。

湿気の多い夏場には、保存状態に特に気をつけてください。

初回約30%引きになるお得な定期購入も用意されています↓

種類と特徴

【ethique】シャンプーバー スイート&スパイシー髪のボリュームを増やしたい方向け、オレンジ&シナモンのエキゾチックな香り

【ethique】シャンプーバー ミンタジー:ダメージヘア向け、ペパーミントの香り

【ethique】シャンプーバー ヒーリキウィ:乾燥が気になるヘア向け、ピンクグレープフルーツ

【ethique】シャンプー バー ピンカリシャス:ノーマルヘア向け、キウィオイルやニーム

【ethique】コンディショナーバー ガーディアン:乾燥ダメージ、絡みやすい髪用

【ethique】コンディショナー バー ワンダーバー:ノーマルヘア用

【ethique】ドネーションズキット(売上の3%を自然保護団体に寄付)

それぞれの詳細(コスメキッチン販売ページ)【ethique】シャンプーバー&コンディショナーバー

公式サイト(英語) https://ethiqueworld.com/

ラッシュ以外のシャンプーバーのおすすめブランド・ショップ

ラッシュ以外にも多数のシャンプーバーが購入可能です。おすすめのブランドや買えるショップをまとめました。

MEOW MEOW

筆者が個人的に気に入っていて、リピートしているお気に入りブランドがMEOW MEOWです。

種類は2つ。

1.EXCLUSIVE MEOW MEOW TWEET LAVENDER COCONUT MILK SHAMPOO BAR 126g

2.MEOW MEOW TWEET ROSEMARY AVOCADO SHAMPOO BAR 126g

各1,500〜1,650円前後

前者はラベンダーの香りが強いので、リラックス効果が高くて、優しい感じがします。

後者はローズマリーの植物、かつ野菜のようなフレッシュでヘルシーな香り。

男性にも好評なさっぱり爽快な使い心地になっています。

両者ともそこまで香りは強くありません。

サイズが大きいので半分にカットして使っていますが、半分で3ヶ月は持ちます。

真夏に浴室に置いておいても溶ける心配なし。しっかりと固形せっけん同様に存在しています。

最初は髪がキシキシするかもしれませんが、使い続けているとほぼ気にならなくなるはずです。

気になる方は、エティークなどのコンディショナーバーと合わせて使ってみると良いでしょう。

日本からはthe detox marketという海外サイトから購入可能です。

LALAHONEY(ララハニー)


LALAHONEY(ララハニー)シャンプーバーは、合成保存料や合成界面活性剤など添加物を一切不使用で作られています。

人と地球に優しい化粧品づくりをコンセプトにした脱プラに最適なアイテム。

椿オイルやグリセリンが配合され、洗いたての髪にありがちなキシみも気になりません。

頭皮環境から整えて、健康的な髪をサポートしてくれます。

TheBAR ソリッドシャンプー


TheBAR ソリッドシャンプーは、クラウドファンディングサイトで目標800%超えという人気シャンプーバーです。

創業100年以上という老舗の石鹸メーカーが手掛けた高品質アイテム。

フランスにおいて消費者による審査で決まる有名な賞「VICTOIRES DE LA BEAUTE(ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ)」も獲得しています。

1個あたり80gと大きめで、平均100日(約3ヶ月)ほど持つとされ、コスパも十分。

フローラルピュアブーケの清潔感ある香りで、男女問わず使いやすいでしょう。

同じシリーズでコンディショナーバーとボディーバーもあります。

Trader Joe’s(トレーダージョーズ)

アメリカの有名オーガニックスーパー・Trader Joe’s(トレーダージョーズ) のシャンプーバーです。

パッケージがかわいいですよね。

ペパーミントとティーツリー配合で、さっぱりすっきりとした香りと使い心地。夏も爽快です。

オーガニックコスメサイト

Content Beauty&WellbeingやLoveLulaなどの海外サイトでは、シャンプーバーの種類が豊富です。

香りや配合成分を見て、好きそうなものを選んでみてください。

検索窓で「シャンプーバー」と入力すると、複数の商品が出てくるのでチェックしてみてください。

シャンプーバーに関する注意点

シャンプーバーの使い方

商品ごとの説明書きに従って使うようにしてくださいね。基本的にはどれも使い方は同じです。

  1. 髪と頭皮を濡らしてバーを直接髪に滑らせるようにして塗りつけます。
  2. 頭皮から泡立てるようにしていきます。
  3. 指先で頭皮をマッサージするようにしてシャンプーを髪と頭全体に行き渡らせます。
  4. 十分にお湯で流してすすいでください。

コンディショナーバーは、なじませた後にお湯で流すだけです。通常の液体コンディショナーのように、少し時間を置く必要はありません。

手作りシャンプーバー

手作りせっけんと同じように、手作りのシャンプーバーも多少なりとも出回っています。

安全性を考慮して、知っている成分を使っているもの、信頼できる作り手が製造しているものを選ぶのが無難でしょう。

先に述べましたが、体や手用のせっけんとシャンプーバーは、厳密には成分が異なっています。

ここを理解して作っている人から購入する、あるいは作ってみるのであれば、問題ないでしょう。

まとめ:シャンプーバーはプラスチック対策にも優秀!

シャンプーバーのメリットを最後にもう一度おさらいします。

  • プラスチック容器の削減に貢献できる
  • 通常の液体シャンプーやコンディショナー以上に長く使える可能性がある
  • コスパが高い
  • 携帯にも便利なので旅行にも最適(要収納ケース)

シャンプーバーは、必要であれば石鹸として使って体も洗える、というのも利点ですが、一時的な使用にとどめ、体はちゃんとボディ向けのせっけんを使って洗うのがおすすめです。

コスメキッチンのエティーク以外にも、さまざまなブランドから発売されています。

楽しみながらいろいろ試してみて、ぜひお気に入りを見つけてみてください。