Diversity Visa Lottery 2021(DV2021)の申し込み完了!所要時間3分の申し込み手順

Diversity Visa Lottery 2021(DV2021)の申し込み完了!所要時間3分の申し込み手順

DV2021(グリーンカード抽選)の申し込みが完了しました。

当選率はもとより、手続き自体も「厳しい」というイメージを持っていたので、多少緊張してしまいましたがなんてことない。

作業時間3分。

3分の作業について記事にすることなんてあるのか、という疑問は置いといて、来年あるいは今年(まだ間に合います!)自分で申し込もうと思っている人のためにも、記録を残しておくことにしました。

※2019年11月9日更新。DV2021の申し込みは終了しています※

DV2021の申し込み手順

実際にやってみての手順を振り返ると、

  1. 必要事項を入力(1ページ分、空欄15個くらい?)
  2. クリックして次のページで入力内容を確認
  3. Success!の表示が出る

以上です。

腰が抜けるほど簡単に終わりました。

DV2021での入力事項

入力事項は、基本的な個人情報一式です。

名前、誕生日、現住所、生まれた都市、電話番号、パスポート番号と有効期限、子どもの人数、写真データ。

生まれた国やパスポート取得の国はプルダウン(記入するのではなく選ぶタイプ)から選択するだけです。

最終学歴も選択式で、博士号、修士号、大卒、高卒、中卒などから選びます。

本当に簡単でしたが、今思えば個人情報以外何を入力することがあるのか、という感じですよね。。

DV2021申請に向けて準備したこと

筆者の場合は、去年更新したパスポートがあるため、特別用意したのは写真だけです。

写真を用意

写真はデータだけでなく現物を用意したかった(当選後の面接のために)ので、証明写真ボックスに行って撮ってきました。

VISA用の5cm角正方形で撮れるメニューを選択すればOK。

あとはパソコンに取り込んでサイズを調整して、DV2021申請用にJPEGファイルにして保存

写真については細かな規定がありますが、良い例と悪い例を提示してくれているので従ってデータを用意できれば問題ありません。

詳しくは→https://travel.state.gov/content/travel/en/us-visas/visa-information-resources/photos/photo-examples.html

DVプログラムに申請した人のブログを読む

何を準備したら良いのか、写真について、どんな感じなのか、といった情報を集めるために、DVを利用した人や当選した人のブログを探して読んでおきました。

感覚的に掴めれば、実際の入力もしやすくなりますので、当ページ以外にもぜひ見ておいてくださいね。

まとめ:DV2021申請したら、あとは当選したか確認しにいくだけ

当選発表は5月ごろからスタートするようです。

メールなどは届かないので、申請した場合は必ず自分でチェックするようにしましょう。

当選したら面接があって、はじめてグリーンカード取得となります。

まだステップはありますが、期待せずに楽しみに待っていようと思います。

こちらの記事でもDV2021についてまとめていますので、参考にしてください。

https://gentleandgrace1.com/travelabroad/dv2021-2019/