スキルシェアサイトでの集客|出品メニューを購入してもらう方法

スキルシェアサイトでの集客|出品メニューを購入してもらう方法

ココナラなどのスキルシェアサイトで自分のメニューを販売する際、必要な人に買ってもらう必要があります。

ただ、せっかく出品しても売れないと意味がありませんよね。

今回は、スキルシェアサイトの出品メニューに対して集客する方法と、避けたいNG事項について紹介します。

集客の考え方自体はスキルシェアサービス以外でも応用できる基本的な知識ですので、副業をしながら身につけておくと将来的に役立ちます。

スキルシェアサービスを利用して自分の商品を販売したい人は、ぜひ読んでみてください。

Advertisement

スキルシェアサイトでの集客方法

スキルシェアサイトでの集客方法として代表的なものは、次の2つです。

  1. SNSで発信する
  2. お気に入りやフォローに対して反応する

1.SNSやブログで発信する

TwitterやInstagramなどで出品メニューについて発信することです。

noteやアメブロなどのプラットフォームで、ブログを使ってPRする方法もおすすめではあります。

ただ、発信する内容にもコツがあって、ただ商品を販売していることやメニューの詳細を説明するよりも、メニューに関連した情報コンテンツが理想的。

商品やメニューに関連する知識やお役立ち情報など、派生した内容をまとめたものが望ましいでしょう。。

出品メニューを買ってくれる人はどんなことに興味があるのか、どんな問題をかかえていて解決したいと思っているのか、をイメージして発信していくことが大切です。

上手に発信してココナラなどの販売数を増やしている人を見つけられたら、お手本にできますね。

2.お気に入りやフォローに対して反応する

出品メニューに対して、お気に入りや自分のアカウントをフォローをしてくれた人に対して返信することも有効、とされています。

「〜〜に関することならお役に立てますので、いつでもご相談ください」的なメッセージを送る方法などですね。

自分のメニューに対して何かしら反応してくれた人は、購入候補として考えている可能性が高いので、ここでアプローチすることで購入確率が高まると考えられます。

ただ、あまりしつこい場合は逆効果になってしまうのでやりすぎには注意してください。

(あと、自分のアカウントへの訪問を目的にお気に入りやフォローをしている人もいるので、その辺りは見極めが難しいですね。。)

ココナラなどスキルシェアサイトでの集客における考え方

集客といってもガツガツ宣伝することではなく「出品メニューが必要な人に届けるための工夫」というのが本質です。

「出品しているメニューによってどんなメリットが得られるのか」「誰に役立つものなのか」といった軸がしっかりある上でアピールするから、SNSなどでも効果が期待できます。

誰彼構わずコンタクトするやり方もありますが、興味のない人にとっては迷惑なだけですし、効率もよくないのでおすすめはしません。

悩みを持っているであろう人や、メニューを購入することで解決できる問題を抱えているであろう人に対して直接コンタクトできるよう意識することが大切です。

出品メニューを買ってもらうために注意したいこと

集客も重要ですが、出品メニューを買ってもらうために注意したいこともあります。

出品メニューを作りすぎない

アカウントを新設したくらいのタイミングでは、出品メニューを増やしすぎない方が良いでしょう。

実績がない段階でメニューが多すぎると、興味があって訪問してくれた人を迷わせることになり、結局何も購入されないで終わってしまうでしょう。

ひとつのサービスについて1個のメニューを出品して、オプションや見積もり相談などでアレンジ対応するやり方がスムーズです。

最後に:必要な人にメニューを届けよう

ココナラなどのスキルシェアサービスでは、出品した後は待つばかりなので、SNSやブログなどの発信で必要な宣伝は行うと良いでしょう。

発信する内容を工夫することで、興味を持つ人が増え、購入率アップにつながります。

実績がない段階でメニューを増やしすぎないように注意することも大切です。

自分のスキルを必要としている人に届けるために、スキルシェアサービスで効果的な集客を行っていきましょう。