LinkedInと転職サービスの違い|転職に結びつける3つのポイント

LinkedInと転職サービスの違い|転職に結びつける3つのポイント

「LinkedIn(リンクトイン)を使って希望の転職先を見つけるには、どうすればいい?」

「海外就職するために、簡単に使えるサービスはないだろうか?」

LinkedInというSNSは、就職活動や転職活動に有利なツールのひとつとして広く認識されています。

英語が使える人にとっては、国内外問わずに希望の就職を叶えられる可能性をぐっと高めてくれるので、ハイキャリア転職でなくても登録しておくべきです。

今回は、LinkedInを転職(就職)に活かすための必須事項、外せない3つのコツなどについて詳しく解説していきます。

  • 海外転職、海外就職を希望している人
  • 英語を使える仕事でキャリアアップしたい人
  • ヘッドハンティングされたい人
  • エージェントを通さないで転職を成功させたい人

などは必見です。

LinkedInを上手に活用して、自分の市場価値を高め、納得できる仕事への転職を成功させましょう。

Advertisement

LinkedInと転職サービスの違い

LinkedInとは、世界での登録者・利用者は約4億人以上とも言われる巨大なSNSのひとつです。

登録ページ:https://www.linkedin.com/

ビジネスに特化しているため、転職したい人が登録をしてそこで人事採用担当者と繋がり転職を成功させている事例も多数見られます。

就職や転職を希望している人だけでなく、個人事業主や中小企業、スタートアップなど規模によらず、自分のビジネスがどんなものなのか、誰に対してメリットがあるのか、といった発信も可能です。

また、ビジネスベースでの人脈づくりの場としても広く活用されています。

LinkedInはあくまでもSNS、つながりを通じたサービスであって、転職や就職だけが目的ではないことは明確でしょう。

一方、転職サイト(転職エージェント)は、就職や転職を目的としているので就職先を効率よく紹介してもらえます。

  • 一刻も早く転職先、就職先を決めたい人
  • 自分から仕事を探したい人
  • 企業に雇用してもらいたいと考えている人

などは、LinkedInではなく転職エージェントを活用した方が、早く目的を達成できるでしょう。

余裕がある場合は、両方とも使ってみることをおすすめします。

転職エージェントでは見つからないような条件の雇用先が、LinkedInで飛んでくる?かもしれません。

が、ハイクラス転職や専門職でない場合は、しっかりとした自己PRページが必要です。

次から詳しく説明していきます。

LinkedInを転職に結びつける3つのポイント

LinkedInを使った転職活動の基本を押さえたところで、さらに加速させるためのコツをまとめました。

この活動があるかないかで、転職成功への時間が大きく違ってくるのでぜひ実践してください。

  1. タイムラインに投稿する
  2. 見つけてもらうべきは「リクルーター(人事採用担当)」
  3. 個人活動も載せてみよう

1.タイムラインに投稿する

LinkedInのHOMEページにはつながっている人や、関連している企業、業界からの投稿が流れてくるようになっています。

定期的に投稿することで、関心を持ってもらうきっかけを作りましょう。

発信を続けることはビジネスにおいて今や避けては通れません。

他のSNSやブログなどの投稿のコピーでも問題ありませんが、ビジネスSNSということを忘れないようにしてください。

  • 自分のスキル、経歴、実績をベースにした考え
  • 自分の希望職種への展望
  • ブログやHPの紹介

など。注目を集められるよう工夫してみましょう。(Attention is Real estate!)

2.見つけてもらうべきは「リクルーター(人事採用担当)」

  • Recruitment consultant
  • Talent Acquisition
  • Recruiting expert

といった肩書を持っているのがリクルーター、人事採用担当者です。

彼らがLinkedIn上で検索をして人材を探している人ですので、彼らに見つけてもらえるように意識しましょう。

企業の人事採用の場合もありますが、転職エージェントの担当者の可能性もあります。

リクルーターの検索にヒットしやすいよう、曖昧にせずにしっかりと細かく条件を設定しておいてください。

3.個人活動も載せてみよう

先ほど述べた 5.つながりを持っていると良し!の項目とも関係がありますが、ビジネス以外のプライベート、個人活動が思わぬ転職成功の鍵になる場合があります。

趣味や社会活動などを記載しておくと、どのような人間かが伝わりやすい上、同じ興味を持っている人とのネットワークを築きやすいでしょう。

まとめ:LinkedInで自分の市場価値をチェックしよう

転職に対して興味がなくても、

  • 英語ができる
  • 海外での就職に興味がある
  • 外資系企業への転職に関心がある
  • キャリアのステップアップを考えている

という人は、LinkedInに登録しておいて損はないでしょう。

自分の市場価値をチェックすることができますし、世界中の人との繋がりも作れるというメリットがあります。

毎日の業務と並行して、客観的に将来のキャリアや仕事について考えながらLinkedInを活用しましょう。