フリーのWebライターで月5万円以上稼げるようになった方法【体験談】

フリーのWebライターで月5万円以上稼げるようになった方法【体験談】

20年以上も文章が苦手だった私は、ライティング業務を受けながらライター活動をはじめて、約3ヶ月ほどで月収5万円を達成することができました。

当時の体験談をご紹介していきます。

  • 副業としてライター業に興味がある
  • フリーランスでライティング業務で収入を得たい
  • 副業ライターで収入を確立する方法が知りたい
  • あと毎月5万円ほしい

といった方におすすめの内容になっています。

Advertisement

学校で国語、読書感想文、小説が大嫌いだった自分がライターに

本当に嘘のような本当の話しです。

いまでもよく「職業はライター」と言うと、

じゃあ小さなころから本が好きだった?文章書くのが好きだった?そうでしょ??

と迫られるのですが、私の場合、真逆。

英語は大好きでも国語は大嫌い、小説やフィクションも無理、感想文が大の苦手で、数学の0か1かはっきりしているところが大好き!な子でした。

今こうして振り返ると、才能やスキルがあるからこそ嫌いだったのかもしれません。

(この、好き嫌いの感情は「量」が大きいほどどちらも自分に関係ある、というのは別記事で詳しくまとめたいと思います。自分の才能や向いていることを探している人もいると思うので。

会社員を辞め、フリーカウンセラーとして活動していましたが、集客できず収入もゼロ。

はてどうしよう?というところで、クラウドソーシングでのライティング業務を見つけました。

そして、未経験から飛び込んで案件に応募していきました。

ライター経験ゼロ〜半年:月収5,000〜22,000円

「カウンセラーは駄目かもしれない、だからライターになろう、よし応募!」みたいな気持ちはこれっぽっちもなかったように思います。

それでも収入が必要だったので、とにかく応募していきました。

はじめはとにかく数です。

時代はWel○問題が起きる数年前、今のようにライター案件(特にちゃんとした単価のやつ)が飽和していなかったので、結構良い案件が多かったのもあります。

同時に、今よりも絶対的に参入者が少なかった。

その頃はクラウドソーシング自体が「なにそれ」扱いだったから、受け手自体少なかったのでしょう。

クラウドワークスの履歴をチェックしてみましたが、1記事1,000円平均(文字数は3,000文字前後)が大半でした。

それでも3ヶ月目には20,000円超えしています。どんだけ書いていたのだろう(遠い目)

ライティングした後はチェックが入って修正依頼されることも多かったので、とにかく1記事にかける時間が長かったです。

マニュアルやガイドラインなどはもちろん、いただいておりましたが、いわゆる感覚がなかったので読んでもピンと来ず。

ライターと名乗るには未熟すぎたと言えます。(当たり前ですが、正直今だから言える)

ライター半年〜1年目:月収35,000〜81,000円

今思えばどうして受けていたのか、というような案件もありますが、まだまだ数をやっている頃です。

するとね、次第にわかってくるのですよ。

Webサイトにはどういう文章が書かれているのか、その特徴や流れ、クライアントに求められること、などが。

そこからだんだん経験値がJカーブを描くように、右肩上がりになっていった気がします。

すると、提出した納品物(ライティングした文章)の修正依頼が少なくなり、質も上がっていきました。

まとまった数依頼してくださるクライアントもこのあたりから増えてきて、収入が上がりましたね。

このころはまだ自分で受ける仕事の単価を決める、という発想はまだなかったので、数はやってはいましたけれど。

月収5万円はすぐに越えて、10万円が見えてきました。

ライター5年目←いまここ

現在、ライティング業務を続けています。

月額契約しているクライアントは今はいないので、収入には多少波がありますが、200,000〜500,000円といったところです。

もう数年のお付き合いになるクライアントから、未だにお仕事をいただけているのは、本当にラッキーだと思っています。

とある企業クライアントは、メンバー全員が、本当に本当に素晴らしいんですよ!!!!

(こういう素晴らしい方々もクラウドワークスにいらっしゃるということを、ぜひ知っておいてもらいたいな。)

顔の見えないやりとりでも、信頼していただけて、品質ややりとりなどを評価してくださるクライアントには、毎日感謝感謝です。

仕事で大切にしていることについても、記事にしています。

https://gentleandgrace1.com/work-style/freelance/writing-check-tools/

副業ライター・フリーライターとして稼ぐ方法

ものすごく大切な、たったひとつのこと、それは

自分ルールを決めておくこと

これに尽きます。

ルールを決めておかないと、やりがい搾取に合いろくに稼げずスキルも磨けず、昔の私のように時間とエネルギーだけを消耗することになりかねません。

昔の私のように数をこなせばそれだけ収入もあがりますが、1文字1円以下だとどうにも時間がかかって効率が悪く、何より本人のモチベーションにならないでしょう。

今後ライティング業務で収入を得ようとしている方にぜひ決めておいてほしい活動ルールは次のとおりです。

  1. 最低報酬を決めておく
  2. どんな条件だったら受けるのか、自分のボーダーを決めておく
  3. 支払いや契約に関わる不明点は最初に明確に(どう思われようが関係ない)
  4. 基本的なマナーや礼儀は大前提

最低金額を決めておく

クラウドワークスを含め、クラウドソーシング系のライティング業務は、現在非常に相場が低くなっています。

それこそ3,000文字書いて400円などのタスクもまだまだ見かけます。

ご自身の最低報酬というのをまず決めておいてほしいのです。

1文字1円とか、2,000文字1,800円(文字単価0.9円)とか最低ラインを設けましょう。

そしてこれ以下の案件だったら、どんなに良さそうでも受けないことにするのです。

限られた時間の中で、収入を増やすためにはこのボーダーをきっちり決めておくことは非常に重要です。

※テストライティング・トライアルに注意!

非常に難しい判断なのですが、テストライティングやトライアルは信じられないほど安い値段設定が多いです。

最初の1回だけは100円で、あとは5,000文字5,000円から、とか。もちろん内容は本番同様です。

悪い業者で、テストライティングに通らなかったといって安い値段で1記事だけもらう、という手口も見かけます。。

クライアントを見る目、というのもクラウドソーシングサイトでの受注では養って置かなければならないでしょう。

境界線が曖昧なので、経験のある私もなんとも言えないのですが、うーん。

このあたりの地雷案件的なものは別トピックにします。

どんな条件だったら受けるのか、自分のボーダーを決めておく

先ほどの最低金額と併せて、どういう案件なら仕事を受けるのか、応募するのか、という基準も設けておきましょう。

いろいろな案件があるので、これはぼんやりでも大丈夫。

どんな案件でどのくらいの値段設定になっているか、リサーチを兼ねて実際にランサーズやクラウドワークスの案件を探していく良いかもしれません。

もう少し詳しく噛み砕くと、

  • ライティングのジャンル/サイトのジャンル(美容やコスメ系、女性向けサイトなど)
  • 1記事あたりの文字数や1回あたりの記事数
  • 長期継続か
  • 記事の構成も含まれるか(構成から作成する場合は、ライティング以外にも作業量が増えます、倍以上に。。)

など。

同時に月の記事数を決めて、計画的に進められるようにしておくと安定しやすくなります。

支払いや契約に関わる不明点は最初に明確に

(どう思われようが関係ないので)案件詳細に十分な説明がない、不明点がある場合は契約前に質問しましょう。

案件には何十人と応募してくるので、すべての人の質問には答えてくれないかもしれませんが、気になることがあれば聞きましょう。

対応に慣れているクライアントなら、回答してくれます。(経験データ上)

その対応でクライアントの人柄がわかるので、嫌な感じだったとしたら仕事で関わる前にわかってよかった!と思って次に進みましょう。

応募に対する返信で「ご依頼してみたいので1記事お願いしたい」と書いてきたクライアントがいましてね。(言葉遣い)

オンライン通話で説明がしたいから、と言われ通話に出た時に、質問があるかと聞かれたから、納品した文章はどんなサイトに掲載されるのか、という質問をしたら「テストライティングと何が関係あるんですか?」とキレぎみで返してきました。

テストライティングで終了されてしまいましたが(理由はもちろん教えてくれませんが文章が多かったのかも?)、なんか良かったと安心してしまいました。

クライアントだからといって上から目線でライターとやりとりするのは、なしです。非常に失礼。

合わないクライアントとは辛い思いをしてまで仕事をする価値はないので、やっぱり次に進みましょう。

基本的なマナーや礼儀は大前提

  • 案件応募に必要とされる情報を過不足なく記載する
  • ライティングマニュアルを読んで把握する
  • 納期を守る、やむを得ない事情で遅れる場合はわかった時点で連絡を入れる
  • 連絡には(基本)返信する

これだけできていれば(常識的なクライアントであれば)たいていの案件通ります。

それくらい、クラウドソーシング界隈の現状がひどいという意味です。

応募条件に合っているか、「これを送ってくれ」と指示されている内容を記載しているか、納期内か、聞かれたら返信する

なんてのは、ここに書くまでもなく、社会人として大の大前提ですよ!!!

それはクラウドソーシングでも直接雇用でも対面契約でも同じです!

それができていない人が多すぎると、クライアントから聞かされました。驚きですが事実のようです。

わかっているという人はいいんです、当たり前に続けていきましょう。

そうでない方は、今日からぜひマナーとして取り入れてください。

それだけでぐんと仕事がしやすくなるはずです!

クラウドソーシングの闇=わりとなんでもあり、でも対策がある!

それがさっきの「最低報酬」「自分の中のボーダーライン」です。

「そんな案件見つからないんじゃ」

「自分は経験がないから駄目なんじゃないか?」

と思いますよね。

気持ちはわかります。私も1年目はそうでしたから。

まっとうなやり方は経験先行、が、とりあえず受けてみるのも大アリです。

これを忘れないでおいてください。

結論:月5万円を稼ぐ=具体的な条件をまずは明確に

月5万円を稼ぐために、いくつ記事を書くのか、どれだけ時間を使えるのか、など具体的に明確にしながら、自分のルールや条件を決めていきましょう。

契約金額がそのまま手取りとして振り込まれる(手数料や源泉徴収は抜き)場合の計算になりますが、月5万円稼ぐというのは、

1記事1,000円なら50記事

1記事3,000円なら17記事

1記事5,000円なら10記事

1記事8,000円なら7記事

です。

月の中でライティングに費やせる時間を計算して、記事作成にかかる時間と照らし合わせて

あとは、コツコツ記事作成を行うだけ、になります。

これができれば、ライティング業務で空いた時間に作業をするだけで毎月5万円の副業収入を確立することができるでしょう。

記事ライティングは、やればやるほどうまくなりますし、経験があれば実績として認められてスカウトが来る率が高くなります。

さらに、親切なクライアントと長期契約に発展する可能性が広がって、自分で営業をかける必要もなくなり、ライティング収入はぐっと安定します。

ぜひコツをおさえて、スムーズなライティング業務に取り組んでくださいね。

あなたのライター活動の参考になれば幸いです。

PS.

もしももっと具体的な方法が知りたいという方がいたら、さらに情報をまとめて公開したいと思います。

コメント欄か、お問い合わせメッセージで知らせてください。

例えば。

  • 未経験でのライティング案件の取り方
  • 良い文章を書くライティングスキル・技法
  • ライティング力を高める方法
  • フリーランスライターとして安定した収入を確立する方法

などでしょうか。

文章を書くのが好き、本を読むのが好き、好きな小説家や文体にこだわりがある、

という人は特にライティング業で収入を得やすいと思います。

本や文章とは無縁に等しかった私個人でさえ、ライターとして生計を立てているのですから。