在宅勤務がはかどる掃除術|STAY HOMEを快適にするクリーニングルーティン

在宅勤務がはかどる掃除術|STAY HOMEを快適にするクリーニングルーティン

在宅勤務をする機会が増えるにつれ、より過ごしやすく快適な自宅環境づくりに取り組んでいる人も多いことでしょう。

インテリアや家具を変える、便利なアイテムを購入することも有効ですが、掃除が行き届いていることも重要です。

余計なものがなく、汚れやほこりのない空気の良い空間では、仕事がはかどり成果も出やすくなります。

そこで、自分の生活スタイルに合ったルーティンややり方、道具を取り入れるのがポイントです。

この記事では、在宅勤務がはかどる掃除術について説明します。

リモートワークや「STAY HOME」などで長時間自宅や部屋にいる際、快適に過ごせるようなクリーニングルーティンやおすすめの掃除グッズ、プロへの掃除外注などについても書いています。

在宅勤務がはかどり、かつ生活の負担にならない掃除のしかたや、使いやすい掃除グッズを探している人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

Advertisement

掃除で在宅勤務がはかどる理由

たかが掃除、されど掃除。どうして掃除で在宅勤務がはかどるのか、理由を挙げてみます。

1.目の前の仕事に集中できる

2.健康に役立つ

3.仕事以外の時間も快適に過ごせる

勤務時間中に掃除してもいいのか?

法律的に見ると、雇用労働者で会社が自宅を作業場所に指定していると、自宅がオフィスと一体と見なされ、必要な措置を取ることが義務づけられています。

労基法や健康と安全を守る労働安全衛生法は、在宅勤務であっても使用者は遵守しなければなりません。

在宅であっても残業すれば当然残業代を支払う必要があります。

勤務時間中の仕事場環境については、厚労省が以下のように記載しています。

テレワークを行う作業場が、自宅等の事業者が業務のために提供している作業場以外である場合には、事務所衛生基準規則(昭和47年労働省令第43号)、労働安全衛生規則及び『情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン』の衛生基準と同等の作業環境となるよう、テレワークを行う労働者に助言等を行うことが望ましい

引用:厚労省テレワークガイドライン

上記の規則などを守ることは当然だということです。

さらに使用者がそのことを社員に伝えるように、という指導まで入っています。

なお、在宅での作業環境に関しては法律に基づき、テレワークガイドラインでさらに細かく具体的に示されています。

また、事務所衛生基準規則には清掃等の実施について、

第15条 日常行う清掃のほか、大掃除を、6月以内ごとに1回、定期に統一的に行うこと

と明記しています。

半年ごとの大掃除を統一的に行うようにと定めているのです。

会社のオフィスと同じように、自宅でも勤務環境を整えるための掃除や整理整頓などを行うべきであり、勤務時間中でも問題ありません。

快適に仕事をするためにも、掃除や片付けは外せないものです。

STAY HOMEを快適にするクリーニング掃除ルーティン

在宅勤務時のオフィスであり、STAY HOMEで長い時間を過ごす場所を快適にするために掃除が必須です。

気づいたときに掃除をするのでは、なかなか難しいので、習慣として組み込んでしまうことをおすすめします。

そこで、便利なクリーニング掃除ルーティンの一例を紹介します。

毎日の掃除ルーティン

  • デスクや机の埃取り+拭き掃除
  • 掃除機
  • 食器洗い+棚にしまう
  • お風呂掃除
  • トイレ掃除

など

毎日できないものや、毎週だと間が空きすぎているものなどは、水曜と土曜など曜日を決めて2、3日ごとに行う方法もおすすめです。

毎週の掃除ルーティン

  • 床の拭き掃除
  • 玄関土間
  • 玄関外
  • 外構

など

ルーティンとして組み込んでしまうと、忘れることなく続けられ「やらなければ」という精神的な負担もぐんと減ります。

不定期の掃除ルーティン

  • エアコンと室外機
  • 洗濯層
  • 空気清浄機フィルター
  • 換気扇フィルター

など

空気清浄機は、室内の空気のよどみを回避するために必要な道具です。

年中換気が必要になった世の中、窓から入ってきた花粉やPM2.5、黄砂などをきれいにするために役立ちます。

部屋の広さに合ったものであれば問題ありませんが、機能や保証面からもプラズマクラスターはイチオシです。

「いきなり購入するのは不安」という場合は、レンタルを利用してサイズ感や性能を試すことができます。

在宅ワークに必須の空気清浄機!花粉症・アレルギー対策も【シャープ・ダイキン】

おすすめ掃除グッズ

掃除機やほうきなど一般的な掃除グッズに加えておすすめの家電や、エコさを重要視して選ぶ洗剤などのおすすめを紹介します。

ハンディクリーナー(掃除機やほうきの+α)

掃除機は大きいので「掃除をするぞ」という意気込みが必要かもしれません。

一方、コンパクトなハンディクリーナーならいつでもどこでも、さっと気になるところだけを掃除できます。

車の中などでも使えて便利です。

クリーンでエコな洗剤

・暁石鹸ローブ(食器洗い用せっけん)

・暁石鹸オリブ(クレンザーせっけん)

・石けん百貨除菌する泡石鹸スプレー(for bathroom)

・スペースショット(オーブテック)

わたしが実際に使ってよかったと思うおすすめのアイテムが上記です。

最初の3つは石けん百貨で購入できます。魅力的な商品が盛りだくさんなので見てみてください!

あらゆる石鹸が揃う【石けん百貨】

オーブテックのスペースショットは、本当に驚くほど汚れがきれいになる不思議なクリーン洗剤。

数年間愛用しているものです。薄めて使うタイプなので500mlでもかなり長持ちします。

壁、床、建具などあらゆる場所の拭き掃除におすすめです。

本当にきれいになるのですが、きれいになる度に謎が深まります、笑。

プロの掃除を依頼するメリットも

「掃除が苦手でどうしても効率が悪くなる」

「仕事時間が長すぎて掃除まで回らない」という人は、プロに掃除を依頼する外注サービスを利用しましょう。

掃除代行サービスなどのプロの掃除は、必要にかられた場合以外にも利用するメリットがあります。

メリット1.仕事や作業の時間が増え集中できる

一番のメリットは、掃除の時間を仕事や他の作業に当てられることです。

長時間仕事や作業に当てられることで、集中的に進められるため、効率的に成果が出ます。

「部屋が狭いし短時間で掃除できるから依頼しなくてもいい」

「掃除機や道具が揃っているから、自分でやれる」

実際に一度プロにお願いしてみると、仕事や作業にどう影響してくるかわかるはずです。

普段の掃除が面倒だと感じている人ほど、掃除を代行会社などのプロに外注して、「自分の時間を買う」ことを始めましょう。

メリット2.部屋の状態を一気にリセットできる

日々習慣的に自分で掃除をしていても、いつのまにか無意識に「ここまででいい」と決めつけてしまっている場合があります。

「ここまでしか落ちない」などと自分の中でボーダーラインができてしまうのです。

そして、大掃除をした際に一気に落ちてびっくりする、なんてことも出てきます。

季節ごとでもプロに掃除を依頼していれば、その都度部屋の状態を一気にリセットできます。

一度すっきりすると、その後の日々の掃除も楽になるはずです。

半年に一度でもプロの掃除を取り入れることで、自分での掃除の仕上がりも大きく違ってきます。

メリット3.自分では難しいエアコンもすっきり

エアコンは夏の必需品であり、冬でも小部屋であれば暖房で十分温まる便利さがあります。

年に数回自分で掃除をしていても、分解して内部までしっかり掃除するとなると手間がかかります。

分解清掃をした後、元通りに戻せるか不安なまま取り掛かるよりも、プロにまかせてしまった方が安心です。

エアコン本体に加え、室外機までトータルで掃除してくれるところもあります。

気合を入れないと掃除することが難しいエアコンは、プロに掃除を依頼したいもののひとつです。

おすすめ1. 1時間1,500円〜プロの家事代行サービス「タスカジ

【タスカジ】あなたにぴったりのハウスキーパーを探そう

おすすめ2. 24時間かんたん予約&業界最高水準の品質「カジェール

家事代行ならカジェール

まとめ

掃除や片付けが好きな筆者としては、仕事を快適にする環境づくりのひとつとして掃除は重要だと感じています。

余計なものがなく、汚れやほこりのない部屋で仕事をすることが、良い成果にもつながるものです。

個人的には掃除くらい自分でやろうというスタンスですが、プロに依頼するメリットを考えると決して無駄な出費にはなりません。

人工的な香りが苦手な筆者がお気に入りの、おすすめクリーニンググッズもぜひ参考にしてください。

定期的なルーティンや自分に合った掃除方法を取り入れて、快適な在宅時間を過ごしていきましょう。

PS

掃除が行き届いていることで、運気までアップするはず。

むしろ、運気をアップしたいなら掃除は必須なので、おろそかにせずに取り組みましょう。