フリーランスの休み方|仕事とプライベートの両立なんて楽勝

フリーランスの休み方|仕事とプライベートの両立なんて楽勝

フリーランスは、仕事のペースや量、やり方など自分で決める要素が多いもの。

スケジュールも自己管理が基本です。

フリーランスは仕事を休めない、というイメージを持っている人もいるようで、そのイメージ通りに暮らしているフリーランスもいるでしょう。

では「フリーランスは休めないの?」というと、そんなことはありません。

中には「休もうとしても仕事が忙しい」「連休をとっても仕事が心配になる」などで、休みにくいと感じている人がいるという話で。

フリーランスだって休みが必要ですし、休むことは仕事を同じくらい重要なのです。

今回は、フリーランスの休み方について「休むべき理由」と併せてまとめました。

仕事とプライベートを両立させるためのポイントも紹介します。

現役フリーランスの方で休みがうまく取れていない人、フリーランスに興味があって休めなさそうと思っている方には、ぜひ読んでほしい内容です。

Advertisement

フリーランスの休みの入れ方

フリーランスの休み方のポイントとして、次の3つを挙げます。

  1. 1年分の休みを先に決めておく
  2. チャットやメールをOFFにする
  3. 休みのための準備をする

1年分の休みを先に決めておく

先に休みを決めておく。休むために非常に有効な方法です。

年末は次の年のスケジュールや抱負を考える人も多いでしょうから、そのタイミングで休みを決めるのです。

新しい手帳を準備する人は、手帳を手にしたらまず1年分の休みを入れる、くらいの勢いで先に決めます。

1年分でなくても、半年先まででもOK。厳しい人は来月の休み、でもOK.

休みを先に確保しておくことで、仕事にも誰にも時間を奪われることなく休めるようになります。

旅行やお出かけの場合は、宿やレストラン、観光施設などの予約まで進めてしまいましょう。

休んだらやることを先に決めて、計画を組んでしまってください。

チャットやメールをOFFにする

実際に休んでいる最中は、ChatworkやSlack、メールなどの通知をオフにします。

「休み」に必要なのは、体とともに脳を仕事から離すこと。

仕事の連絡や通知に気づいてしまうと、休んでいても仕事のことが気になりだします。

通知を開いてしまったら最後、仕事を始めてしまうかもしれません。

休んでいる間は基本的に返信しないのですから、通知はOFFにしておきましょう。

※休み明けに通知をONに戻すことをお忘れなく。

連絡通知をOFFにして休みに集中するためにも「休みの準備」が大切です。

休みのための準備をする

仕事での連絡に気を取られることなく、休むことに集中するためには、準備もきちんと行う必要があります。

基本は1ヶ月前まで(相手にもよる)に休みを伝えておく

代わりに頼む必要がある場合は早めに依頼する

前倒しできることをやっておく

どうしても急な連絡が必要な場合の連絡先を伝えておく

メールの自動返信機能を設定する

チャットの表記などにコメントしておく

休むから連絡が取れない、と伝えておくのは社会人の基本マナーです。

1ヶ月前くらいが早すぎず近すぎずちょうどいいでしょう。

あとは、根回しや前倒しなど実際の業務に加えて、メールの自動返信やチャットの表記変更などもおすすめです。


以上は、あくまでも現役フリーランスのわたしが感じるポイントですが、これだけで、ぐっと休みが身近になります。

ただ、休むことに罪悪感を感じやすい人などは、上記アクションもハードルが高いと感じるかもしれません。

でも、やってみたらそうでもなくて、むしろ簡単なことと思われるくらいでしょう。

そういう人こそ、やってみるべきです。というのも、休みにはそれだけの理由があるからです。

フリーランスが休むべき理由

フリーランスが休むべき最大の理由、それは

休まないとパフォーマンスが低下するから

これに尽きます。

フリーランスに限らず、働く人すべてに言えることですが、定期的な休み

隙間にこそ、アイディアやひらめきが浮かんでくるものです。

ずっと出ずっぱりで仕事しているよりも、後で振り返ると効率的に仕事ができた、ということも少なくありません。

働いている間は、仕事脳が稼働し仕事リズムを刻んでいる状態なので、その方が楽と思われる人もいるでしょう。

ただ、休んでみると作業がさらに捗り、頭もよく回ることに、わたし自身気づいたことがあります。

かつて休みなんて要らなかった自分が、休んで実際に経験しています。

フリーランス的仕事とプライベートの両立のポイント

フリーランス的、仕事とプライベートの両立のポイントについても紹介します。

フリーランスだけでなく仕事を持つ人すべてに言えることです。

仕事以外に熱中できるものを見つけて大切にする

熱中できるもの、好きなこと、などなど。

家族や子ども、趣味やサークルの時間、友人との時間など人によってさまざまです。

仕事以外に自分がはまることに時間を費やすことも、仕事から脳と体を離すのに役立ちます。

ただ、自然の中に身を置く、なにも考えず何もしない、の方が真の意味で「休み」になりますが。

まとめ

漠然とした休みの大切さ、というよりは「より良い仕事をするために」「仕事でのパフォーマンスを上げるために」休むことにフォーカスした内容となりました。

ただ、重要なことはこれ。

フリーランスでも休んでいいし、休むべきです。

良い仕事をするために、そして自分の体や大切な人を大切にするために。

フリーランスだからこそ、堂々と自分の都合で連休を入れられるものなのです。

かつては「休みなんて要らない!人が休んでいる間に働かなければ!」と、こんつめて働いていた自分が、休んではじめて実感できたことは数しれず。

休むことで生まれる隙間には、新しいものの誕生を含め、あらゆる可能性が詰まっています。

もうすぐ新しい年を迎えるこのタイミングで、来年の休みの予定を決めてみてください。

不安から仕事を詰め込むよりも、もっと面白い1年が待っているはずです。