フリーランスライターが業務を通じて身につけたライティング術

フリーランスライターが業務を通じて身につけたライティング術

フリーランスのWebライターとして業務を続けていくうちに、自然に身についた技術やスキルは数しれず。

ライティング業務だけでなく、記事作成全般やフリーランスとして活動する上で必要な心構えも習得できたと実感しています。

今回は、フリーランスライターが業務を通じて身につけたライティング術について書いていきます。

実際の業務を通じて、クライアントや関係者から学べた技術やスキルです。

副業でライターとして活動している人やブロガーにも参考になる内容なので、ぜひ参考にしてください。

Advertisement

言葉遣い・文章作成に関する具体的なポイント

まずは、言葉遣い・文体に関するポイントについてです。

  • 同じ語尾を連続しない
  • 改行や1文の長さはスマホ表記を優先

同じ語尾を連続しない

「ですます」調なら「です」「ます」は連続せず、語尾を変えます。

「〜です。」の次には「です。」を続けず、「〜ます。」や「〜でしょう。」など違う語尾を使います。

これだけで、ハイレベルな印象を与えられます。

読みやすい文章に、同じ語尾が連続していることは少ないはずなので、実際に読んでみてください。

「ます」が2、3つ続いても自然に読めて問題ない場合も多々あるので、一概には言い切れません。

ただ、Webライティングにおける傾向のひとつである、とおぼえておくと良いでしょう。

読んでいて違和感が感じられず、読みやすい語尾の使い方が理想的です。

改行や1文の長さはスマホ表記を優先

モバイルファーストと呼ばれるほど、スマホによるサイト閲覧数が急激に増えています。

スマホで見たときに、改行が少ない、あるいは1文が長く文字数が多いと、読みづらい場合があります。

適度に改行を入れる、1文の長さを抑えるため2つの文に分ける、といった対策を取り入れてみてください。

必要であれば、関連する画像を挟むことも有効です。

構成作成やリサーチに関するポイント

続いて、記事を書く上で外せない構成やリサーチに関するポイントです。

  • SEO対策・SEO執筆
  • 導入やリード文が大事
  • 見出しの次の一行目に結論を書く

SEO対策・SEO執筆

SEOとは、検索エンジンでどのキーワードを入れれば記事が上位表示されるかを逆算して記事を作ることを指します。

ライティングの際には、SEO経験(SEOを意識したライティング、構成作成)について尋ねられいます。

見出しに検索キーワードを入れることで、ページへ訪れる人(アクセス数)が増える、と思っている人もいるかもしれません。

ただ、Googleも年々レベルアップしてきて、サイト全体におけるコンテンツや記事の質、記事同士のつながりなども必須事項となっています。

見出しだけではなく、本文にも自然な流れでキーワードが含まれ、見出しに沿った内容が書かれていることが、SEOの効果を上げるコツといえるでしょう。

導入やリード文が大事

記事のタイトルの次にくるのが導入文やリード文と呼ばれる文章です。

決まった型にはめただけのような導入文はSEOとしての評価はそれなりにありますが、ユーザーを集めるのに効果的とは言い切れません。

  • 訪れた人が知りたい情報が入っている
  • 読み終われば悩みが解決する
  • 有益な情報が詰まっている

以上のような、伝えたいことを網羅している必要があります。

多少長くなっても良いので、導入文には必要な情報を盛り込んであげましょう。

見出しの次の一行目に結論を書く

見出しに沿っな内容を書くことに関係して、結論を1分目に持ってくることもWebライティングにおいては重要視されています。

「結局何が言いたいの?」という答えを、見出しの下に記載します。

例えば、見出しが「補正下着選びのポイント」であれば、すぐ下に「補正下着選びのポイント、それは正しいサイズ選びです。」という感じです。

続いて「なぜなら、サイズが合っていないと補正効果が十分に得られないからです。」と理由を述べます。

結論の次に理論的な理由が書かれていることで、納得感が高まります。

答えが最後の方に書いてあるページや文章の方が読まれるんじゃないかと考える人も少なくないかもしれません。

  • 結論が最初にあることで次の文章が頭に入りやすい
  • 結論まで飛ばして読んでしまう
  • 結論にたどりつく間に、ページを開いた理由を忘れてしまうなどで時間を無駄にしてしまう

などの気づきがあり、実際に読んでみると結論が先にある方が自然だと感じました。

見出し→結論→理由や具体的な例→もう一度大切な結論を繰り返す

という流れが親切だと感じます。

仕事を受けることに関するポイント

余談的に、フリーランスや個人として仕事を受けることに関して重要なポイントを挙げます。

できることとできないことの境目を持つ

要するに、自分がどこまでできるのかの境界線を把握する必要があるということです。

構成作成はできないけれど、ライティングは経験豊富で自信がある

構成からライティングまで一貫して担当できるが、少し時間がかかる

納期は3日以内は難しいが、2記事まとめて1週間以内なら納品できる

以上のように、現状できることとできないことを組み合わせて提案できると良いでしょう。

できないことを受注するのは、プロジェクト全体が遅れるなど、クライアントに迷惑をかけてしまいます。

その後の継続受注にも影響するため、最初の段階で正直に明確にしておくことが大切です。

仕事に関して不明な点はクライアントにきちんと確認してから業務に取り掛かりましょう。

わからないことや不安なことを質問して、嫌な顔をするクライアントはほとんどいません。

むしろ、そういうコミュニケーションが取れないクライアントとは良い仕事をするのは難しいものです。

質が高くコミュニケーション能力が優れたクライアントに出会えたら、感謝して仕事を精一杯こなしましょう。

まとめ:業務をこなしながら勉強を続けて成長しよう

実際のライティング業務を受けることで、身につけられるスキルは現場で大いに役立つものです。

文章作成スキルだけでなく、記事の構成作成やリサーチ、SEO関連の知識など、今後長く使えるものも少なくありません。

また、フリーランスとして仕事を受ける上で重要な線引きや進め方、業務管理などの必須スキルも習得できます。

ただ、さらにレベルアップするためには能動的な勉強も必要になってきます。

自分の理想的な業務や働き方を実現するために、業務を行いつつ勉強を続けてさらに上を目指していきましょう。

アドバイスをもらってスキルアップできる文章チェックツール【文賢】