安定した通信環境WiMAX2+の使用感とおすすめ理由・メリット・デメリット

安定した通信環境WiMAX2+の使用感とおすすめ理由・メリット・デメリット

この記事では、安定した通信環境が利用できるWiMAX2+の使用感やおすすめのプロバイダなどについて詳しく紹介します。

実際に使っている筆者が感じたメリットとデメリット、WiMAX2+がつながらないエリアにおすすめできる代替サービスについても書いています。

リモートワークや在宅勤務で使えるモバイルWifiを探している人に役だつ情報です。

ぜひ最後までご覧ください。

Advertisement

WiMAX2+の使用感とおすすめ理由

WiMAXを実際に使用した感想や、おすすめ理由についてまず説明します。

【WiMAXとは?】

Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略称。LTEや3Gと同じ通信規格のひとつ。

速度は最高558Mbpsだが、地下など障害物があると電波が遮られる可能性あり。

WiMAX2+の使用感としては、自宅で問題なく使えて快適です。

HDの動画も見やすく、何より毎月の使用量に制限がないので安心して使っていられます。

3日間10GBの通信速度制限があり、通信スピードは遅くはなりますが、切断はされません。

YouTubeなどは問題なく見れて、翌日2時をすぎれば速度は戻ります。

筆者はWiMAX2+GMOとくとくBBを利用していますが、そのおすすめ理由を次にまとめます。

WiMAX2+GMOとくとくBBのおすすめ理由

  • 2年間の実質月額ではGMOとくとくBBが最安
  • 高額キャッシュバックがある(最大33,000円)
  • 実質容量無制限で使えるので容量の心配をしなくていい

WiMAX2+の人気プロバイダであるBroadWiMAXと料金を比較してみます。

GMOとくとくBBBroad WiMAX
月額料金1~2ヶ月目3,969円2,999円
3~24ヶ月目4,688円3,753円
25ヶ月目〜4,688円4,413円
キャッシュバック33,000円5,000円(※)
3年間の実質料金(総額)
167,330円136,610円
3年間の実質月額3,731円3,794円

※2台同時申し込み時のみ適用。

BroadWiMAXの同時申し込みキャンペーンによるキャッシュバックが適用した場合、月額換算で63円GMOとくとくBBの方がお得です。

小さな金額ではありますが、キャッシュバックがなかった場合は月額が高くなるので、やはりGMOとくとくBBの方が安いことになります。

WiMAX2+GMOとくとくBBのメリット・デメリット

WiMAX2+GMOとくとくBB利用者が実感しているメリットとデメリットを詳しく紹介します。

WiMAX2+GMOとくとくBBのメリット

WiMAX2+GMOとくとくBBのメリット一覧です。

  1. 実質容量無制限で使える
  2. キャッシュバックや特典が豊富
  3. 機種交換・電池交換できる機種がある
  4. 運営企業の信頼性
  5. LTE回線を使えるハイスピードプラスエリアモード

1.実質容量無制限で使える

WiMAX2+GMOとくとくBB「ギガ放題プラン」なら、実質容量無制限で使えます。

実質とついているのは、3日の合計通信料が10GBを超えると夜間だけ通信スピードが遅くなるからです。

ただ、YouTubeは問題なく見られる程度まで遅くなるだけで、通信は止まることはありません。

毎月の制限がないため、容量の心配をせずに使っていられます。

100GB/月、200GB/月といった1ヶ月の通信量のプランでは、使い切ってしまえば翌月まで繋がりませんが、ギガ放題プランなら心配無用です。

筆者は1日4〜7GB使うので、200GB/月だと足りなくなる可能性があります。

私のように、毎日の使用量や動画閲覧量に差がある人には最適です。

2.キャッシュバックや割引が多い

WiMAX2+GMOとくとくBBは、基本的に年中高額なキャッシュバックや割引特典を用意しています。

今なら新規契約で最大33,000円(税込)を受け取れます。

受け取りには契約から11ヶ月後に送られてくるメールが必要で、途中で滞納していないなどの条件を満たしていることも重要です。

3.機種交換・電池交換できる機種がある

事務手数料のみで最新機種と交換できます。

長期利用でも安心して、大容量のバッテリー、最新の高速通信対応機種で使えるのは嬉しいですね。

4.運営企業の信頼性

クラウドSIMを中心に多くのWifiモバイルルーターを扱う会社が急増しました。

在宅勤務やリモートワークによるニーズが増えたご時世も影響しています。

中には、供給がニーズに追いつけずにサービス受付を中止してしまった会社もあります。

短期間で使用できなくなってしまうと、また改めてWifiを探さなくてはならず、手間ですよね。

信頼性の高いGMOのような企業であれば、サービスが中止になる確率は低いと考えられます。

実際、2020年末までサービスが止まるようなトラブルは起きていません。

5.LTE回線を使えるハイスピードプラスエリアモード

WiMAX2+は地下や障害物がある場所などではつながりにくくなります。

場所に寄らず快適に使えるよう、auのLTE回線を合わせて使える「ハイスピードプラスエリアモード」が用意されています。

追加料金などは無用、契約料金内で使えます。

1ヶ月あたり最大7GBまでと制限がありますが、どこにいても安定した通信スピードを確保できます。

WiMAX2+GMOとくとくBBのデメリット

WiMAX2+GMOとくとくBBで気になるデメリットについても見ていきましょう。

  1. 地域によっては通信が安定しない
  2. 違約金がかかる
  3. 3日間10GB以上使うと速度が落ちる
  4. 海外では利用できない

1.地域によっては通信が安定しない

WiMAX2+は高いエリアカバー率を誇りますが、地域によっては通信が安定しない場合があります。

また、障害物が多い場所や地下では極端につながりにくくなるので注意が必要でしょう。

公式サイトにエリア確認用のページがあるので、自宅やオフィスがカバーされているか確認できます。

ただ、実際は使ってみないとわからないのが実情です。

繋がり具合を確認したい場合は、20日以内に無料キャンセルが可能なお試しを利用してみてください。

適用条件をすべて満たせば20日キャンセルが無料で可能です。

<適用条件>
・新規に個人様名義での本WiMAX 2+サービスお申込み
・お申し込み時のご登録住所が UQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定で「〇」
・ご解約時、事前にGMOとくとくBBお客さまセンターへ「20日以内の解約」のご連絡
・お客さまセンターへご連絡後5日以内に指定の宛先にWiMAX端末機器のご返送(消印有効)
※期限内に端末機器のご返送を確認できない場合、端末代金22,000円(税込)を請求させていただく場合がございます。
【キャンセル申請方法】
「GMOとくとくBB」お客さまセンター宛てにご連絡ください。
TEL:0570-045-109(受付時間:平日10:00 ~19:00)

2.違約金がかかる

WiMAX2+GMOとくとくBBは3年契約で、更新月以外の解約では違約金が発生します。

契約して12ヶ月目まで(約1年以内)はかなり高額です。

解約タイミング違約金
1~12ヶ月目20,900円
13~24ヶ月目15,400円
25ヶ月目以降、更新月以外10,450円
更新月0円

3年続けられるか不安な場合は、高額な違約金を支払うリスクが高くなってしまいます。

新規契約時に違約金負担サービスがあるBroadwimaxなども検討してみてください。

3. 3日間10GB以上使うと速度が落ちる

WiMAX2+を使っていて一番不便に感じるのが、速度が落ちること。

3日間合計で10GBを超えると、次の日の夜18時から夜中2時までは速度が落ちます。

といっても、YouTubeの通常画質なら問題なくストリームできます。

ただ、HD動画やInstagramの画像や動画のダウンロードは、時間がかかって大変になります。

夜間にも仕事などでしっかり通信したい人には難点ですが、昼間の業務メインなら特に支障はありません。

4.海外では利用できない

LTEやクラウドSIMなどと異なり、端末を海外に持ち込んでも現地では繋げられません。

データ量に上限があるものの、そのまま海外で使える端末ならクラウドSIMかLTEのモバイルルーターがおすすめです。

WiMAX2+GMOとくとくBBキャンペーン申込みポイント

WiMAX2+GMOとくとくBBのキャンペーンを利用して申し込む際の注意点をまとめました。

1.端末選び

選べる端末は、2種類のモバイルルーターと1つの自宅設置用ルーターの3タイプです。

ルータータイプによってキャッシュバック金額が異なります。

機種タイプ
キャッシュバック額
Speed Wi-Fi NEXT WX06モバイルルーター30,200円
Speed Wi-Fi NEXT W06モバイルルーター30,200円
WiMAX HOME 02ホームルーター33,000円

外出先や旅行にも持参できるモバイルルーターは自宅でも問題なく使えて便利です。

いずれも新品のルーターが送られてきます。

2.料金プラン

WiMAX2+GMOとくとくBBの料金プランは、実質無制限のギガ放題プランと1ヶ月7GBの7GBプランの2つのみ。

プランは変更も可能なので、とりあえずギガ放題にしておいて、あまり使わないなら7GBに変更して料金を抑えることも可能です。

プランギガ放題プラン7GBプラン
1〜2ヶ月目3,969円3,969円
3ヶ月目以降4,688円
事務手数料3,300円3,300円

※価格はすべて税込表示です。

なお、今ならギガ放題プランも2ヶ月目までは7GBプランと同じ料金(税込3,969円)で利用できます。

GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンのお申込みはこちら↓

WiMAX2+と比較!他のおすすめWifiモバイルルーター

WiMAX2+と比較して、他のWifiモバイルルーターを利用すべきケースもあります。

料金は高くても複数回線が使えるモバイルルーターを利用したい場合や、WiMAX圏外エリアならクラウドSIMタイプがおすすめです。

クラウドSIMの特徴

  • 海外でも同端末をそのまま利用できる
  • クラウドサーバー経由で通信するからSIMカード不要
  • 回線数が多い(ドコモ・au・ソフトバンク)
  • 地下や障害がある場所でも安定通信を確保

クラウドSIMの月の通信容量ごとにおすすめを挙げます。

ZEUS WiFi(100GBプラン)3か月間2980円で100GB利用可能!【ZEUS WiFi】

どこよりもWifi(200GBプラン)大容量プランで最もお得・モッピー経由でポイント還元も

ギガゴリWifi(20GB・40GB)2021年に復活した人気Wifi【ギガゴリWiFi】

まとめ:安定した通信環境ならWiMAX2+GMOとくとくBB!

WiMAX2+GMOとくとくBBは、安定した通信環境が得られるモバイルルーターです。

3日間の速度制限があるものの、毎月の縛りはなく実質容量無制限で使い続けられます。

【WiMAX2+GMOとくとくBBがおすすめな人】

  • 無制限通信をお得な料金で利用したい
  • 毎月の通信容量が変動する
  • WiMAX回線のエリア内に住んでいる
  • プロバイダの信用性も重要
  • キャッシュバックをもらいたい

在宅ワークにも最適なWiMAX2+GMOとくとくBBの詳細は、画像をタップして確認しましょう。