オンライン英会話レッスンに必要な通信速度とデータ通信量

オンライン英会話レッスンに必要な通信速度とデータ通信量

オンライン英会話レッスンを受ける際に、インターネットの通信容量や通信速度が気になる人もいるでしょう。

画面越しに顔をみながら会話ができるビデオ通話では、1回のレッスンでしっかり容量を消費します。

スマホのプランや会社によっては、速度制限がかかって低速となり、音声通話でしかレッスンが受けられなくなる可能性があります。

自宅の回線状況や契約している月の容量などを確認して、ストレスなくレッスンを続けられるようにしましょう。

この記事では、オンライン英会話レッスンに必要なデータ通信量と通信速度の目安を紹介します。

自宅から快適に英会話レッスンが受けられるよう、最適な通信環境を作るための対策もまとめています。

オンライン英会話レッスンを検討している人や、毎月のデータ通信の見直しを検討している人に役立つ情報ですので、ぜひご覧ください。

Advertisement

オンライン英会話レッスンに必要なデータ通信量

オンライン英会話でレッスンを受ける際に必要なデータ通信量は、音声通話とビデオ通話で異なります。

音声通話のデータ通信量

オンライン英会話を音声通話で受ける場合の通信容量は「50Kbps」です。

  • 1分:約3MB
  • 1レッスン25分:約75MB

1ヶ月に受講可能なレッスン数を、契約通信容量から算出した表を示します。

月の通信容量
受講可能なレッスン数
10GB133回前後
20GB266回前後
40GB532回前後

※1レッスン25分の場合

Skypeやビデオ通話のデータ通信量

Skypeなどビデオ通話をパソコンから利用してレッスンを受講した場合、通信容量は「約500Mbps」です。

  • 1分:約36MB
  • 1レッスン25分:800MB〜1GB

契約通信容量から算出し1ヶ月に受講可能なレッスン数は、以下のとおり。

月の通信容量
受講可能なレッスン数
10GB10回前後
20GB20〜21回
40GB40〜42回

※1レッスン25分の場合

利用する環境やデバイスによって実際の通信容量は異なり、あくまでも目安としての参考データとしての算出ですが、音声通話とビデオ通話を比較した場合、受講できるレッスン回数に10倍以上の差が出ることがわかります。

月の通信容量が決まっているモバイルWifiを使って、オンライン英会話を受ける場合は、容量が間に合うかどうか検討しておくと安心です。

※上記はパソコンからの通信環境を計算したもので、スマホアプリのSkypeなどを使った通信の場合は消費容量が少なくて済む場合があります。

また、スマホやタブレットで上限7GBを超えると通信制限が発生する契約の場合も、低速になるので注意しましょう。

オンライン英会話レッスンに必要な通信速度

オンライン英会話レッスンに必要な通信速度について見ていきます。

利用する回線速度が上記を下回ると、正常に通話ができない可能性が出てきます。

音声通話、ビデオ通話をストレスなく行うための通信速度の目安は、以下のとおりです。

  • 音声通話:100kbps
  • ビデオ通話(通常画質) :500kbps
  • ビデオ通話(高画質):1.5Mbps

特別高速でなくても、一般的な光回線やWimax2+などで問題なくレッスンは受けられます。

スマホなどで上限通信容量を超えた際の低速度は60〜120kbpsほどなので、ビデオ通話は厳しいでしょう。

低速にならないように日常的に通信容量に注意するか、モバイルWifiなどを別途契約して容量を増やすなどの選択肢がおすすめです。

オンライン英会話で快適な通信を確保する方法

オンライン英会話を快適に受けるための通信を確保する方法を2つ紹介します。

1.データ通信量を節約する方法を試す

「急にインターネット回線は変えられない」「今の契約のままでオンライン英会話を始めたい」

そんな人は、データ通信量を節約する方法を試してみてください。具体的な方法は下記のとおりです。

  • 音声通話でレッスンを受ける
  • レッスン中生徒側(自分)のカメラをOFFにする
  • フリー Wifiを利用する

音声通話のみでレッスンを受けることで、データ通信量は節約できます。

どうしてもビデオ通話でレッスンを受けたい場合には、先生側の映像はONにして生徒側(自分)の映像をOFFにしましょう。

片方のビデオをOFFにするだけで、消費量を減らせます。

また、近所のフリーWifiも選択肢としては有効です。

ソフトバンクWi-Fiスポット、docomowifiスポット検索などのほか、タウンWiFiなどのアプリで簡単に探せます。

コワーキングスペースや駅、マクドナルド、スタバなど装備している店舗も多数あります。

ただし、暗号化されたWifiのみを使うなど、セキュリティに十分配慮した上で利用しましょう。

2.通信速度を確保する方法を実践する

「レッスン量を確保するために安定した通信環境を整えたい」「低速になるのを気にせずビデオ通話で学びたい」

そんな人には、通信速度を確保するための対策がおすすめです。

  • 有線のインターネット回線を利用する
  • パソコン+ポケットWifiを使う

自宅に敷くタイプの有線インターネットは、通信速度が安定していて容量制限がないものが多いので、自宅から受講したい人に適しています。

自宅のインターネット環境をひとつにまとめることで、毎月の利用料を抑えられます。

パソコンとポケットWifiのセットなら、音声通話より容量を使うビデオ受講にも問題なく対応可能です。

オンライン英会話に最適な回線は?

オンライン英会話では、音声通話・ビデオ通話どちらも快適につないでいられる光回線か、容量を確保できるモバイルWifiがおすすめです。

モバイルWifi:契約した日から格安で使えて携帯も可能

光回線:自宅での通信環境が圧倒的に安定

モバイルWifiの通信速度を比較したとき、最速なのは「Wimax2+」です。Wimax+2の受信速度の一例を紹介します。

  • 1.2Gbps(Speed Wi-Fi NEXT W06機種の場合)
  • 440Mbps(Speed Wi-Fi NEXT WX06機種の場合)

ビデオ通話にも十分耐えうる速度を確保できます。

光回線とモバイルWifiを比較すると、速度や通信容量といった条件は光回線の方が有利です。

ただ、光回線を使うとなると自宅で開通工事が必要となり、使用開始まで日数がかかってしまいます。

契約してすぐに使い始められるモバイルWifiなら、リーズナブルな月額費用で製品が届いた日から利用可能。

携帯も可能なので、オンライン英会話をコワーキングスペースやレンタルオフィスなどで受けたい場合にも便利です。

自分のライフスタイルや求める通信容量を比較して選びましょう。

Wimax2+が利用できるエリアにお住まいの方は、キャンペーンの多い「GMOとくとくBBWimax2+」をおすすめします。

■手軽なモバイルWifiで高速通信を実現
GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,849円(税込)~!

最後に:通信速度や容量を確保してオンライン英会話を受けよう

オンライン英会話には、安定した通信速度と十分なデータ通信量が必要です。

音声通話だけならスマホの容量でも対応可能ですが、パソコンでのビデオ通話で映像を利用したい場合は足りなくなる可能性があります。

容量に制限がない光回線や、余裕を持って使える数十GB以上のモバイルWifiを検討すると良いでしょう。

快適な通信環境が確保できれば、ストレスなくレッスンが受けられて、集中的な英語力アップにもつながります。

通信速度や必要な容量を計算して、オンライン英会話スクールに合わせて通信環境を見直してみてください。

高速通信が格安で利用できキャッシュバックがもらえる【GMOとくとくBB Wimax2+】