200GBプランが選べる格安Wifi「ギガゴリWiFi」海外でも使えるが国内では

200GBプランが選べる格安Wifi「ギガゴリWiFi」海外でも使えるが国内では

ギガゴリWiFiワールドが、2021年に新しいプラン体系で受付を再開しました。

20GB/月から200GB/月まで4つのプランが選べ、中でも200GBの大容量プランは、月300GBのプラン(Nomad SIMの昔のプラン)を使っていた自分にとっても朗報です。

ただ、200GB/月のプランかつクラウドSIM(大手3社の回線につながる)のWifiは他社にも用意されており、お得度で比べると微妙です。

それでも新しいWifiサービスということで、今後のWifi選びの選択肢に含めるべきか判断する材料になるよう、注目すべきポイントをまとめます。

200GBプランを探している人や人3日間の通信制限がうっとうしい人、海外でWifiを併用したい人にとっては便利なオプションです。

最後まで読んでみてください。

先に詳細を見たい人はこちらからどうぞ

→モバイルWi-Fiルーター【GMOとくとくBB】ギガゴリWiFi

Advertisement

ギガゴリWiFiワールドが新プランで受付スタート



ギガゴリWiFiワールドは、かつて無制限プランが人気を博したWifiのひとつ。

表記に関するトラブルなどで残念な取り上げ方をされていたため、ニュースで名前を知っているという人もいるかもしれません。

2020年8月ごろ正式に新規受付を中止しましたが、2021年に新しいプラン体系で再開。

20GB/月から200GB/月まで4つのプランが用意され、使用頻度や月額に応じて選べます。

ギガゴリWifiワールドの200GBプランは月額6,050円(税込)です。

ただ、ドコモ、au、ソフトバンクのすべての回線から繋がりやすいところを自動選択してくれる「クラウドSIM」を採用しています。

回線の選択肢が豊富で繋がりにくさを回避しており、WiMAXがつながりにくい場所でも安定的な通信を確保できます。

200GB/月使える新規申し込み可能なプランは他にある?

2021年2月現在、新規申し込みが可能な200GB/月プランを用意しているWifiサービスはあります。

しかし、100GB以下のプランのように、多くはありません。代表的なWifiサービスを挙げます。

【200GB/月プランがあるWifi】

1.Chat Wifi

200GBプラン 月額4,928円(税込)

事務手数料4,378円、契約期間・解約違約金なし、速度制限10GB/日、ソフトバンクのメイン回線

2.hi-ho Let’s Wifi

210GB相当プラン 月額4,730円(税込)

  • 30日無料お試しキャンペーン中
  • 7ヶ月目まで2,967円(税込)
  • 8ヶ月目以降4,730円(税込)

事務手数料は無料、速度制限7GB/日、契約2年縛り、海外は1日1Gまで、クラウドSIM

3.どこよりもWifi

200GBプランまで使える「どこよりもピタッとプランプレミアム」〜月額4,400円(税込)

※2年割適用時、違約金10,450円

  • 5GBまで900円(税込)から段階的にデータ使用量に応じて金額変更
  • 通常申込み時の「どこよりもピタッとプランプレミアム」は月額4,900円(税込)

海外で利用可能、解約時には機器返却必要、クラウドSIM、ポイントサイトモッピー経由でお得

→一度3000台限定で発売され申し込みが殺到、あっという間に受付停止した幻のプラン

上記の中では、どこよりもWifiが一番安いことになります。

ギガゴリWiFiワールドはこんな人におすすめ

ギガゴリWiFiワールドはこんな人におすすめ

WiMAXの提供エリア外に住む人

3日間の通信制限がうっとうしく感じている人

1日あたりの速度制限なしを求める人

時間帯によらず安定した通信を楽しみたい人

クレジットカード支払いでWifiを使いたい人

毎月200GB以内で足りる人

筆者が使っていた200GB/月プランは4,620円(税込)だったので、それに比べてもやはり高額です。

ただ、そのプランはソフトバンク回線のみだったので、3社の回線を使えるクラウドSIMの繋がりやすさがあれば助かります。

とはいっても、先ほど名前を挙げたどこよりもWifiの値段を見ると、やはり高く感じますね。

WiMAX回線がつながりにくい場所に住んでいる人や、時間帯によらず通信速度を確保したい場合には、ギガゴリWifiも有効な選択肢といえます。

クレジットカード支払いのみで、口座振替のオプションはありません。

また、毎月の契約容量を超えて使用すると、月が変わるまで低速のまま(スマホの速度制限並み)になります。

以上のような特徴を含め、ギガゴリWifiのポイントやデメリットを見ていきましょう。

ギガゴリWiFiワールド5つのこだわりポイント

  1. 自分に合ったギガ数が選べる
  2. 国内幅広いエリアに対応
  3. 海外もこれ1台でOK
  4. 工事不要、家でも外でも使える
  5. 端末料金0円

1.自分に合ったギガ数が選べる

20GB、40GB、100GB、200GBの4つのプランから、好きな容量を選べます。

20GB 1,970円(税込2,167円

40GB 2,670円(税込2,937円

100GB 2,970円(2ヶ月目まで、税込3,267円)、3ヶ月目から3,470円(税込3,817円

200GB 5,500円(税込6,050円

※事務手数料 別途3,300円(税込)、契約期間2年

最大200GBもあるからたくさん使う人も安心 動画・SNSもたっぷり楽しめる

2.国内幅広いエリアに対応

クラウドSIM技術採用 最適な電波に自動で切り替えて接続 日本中どこでもWi-Fiがつながる ※ご利用いただくエリアや建物の環境によって最適な通信キャリア回線を自動で選択して接続します。

3.海外もこれ1台でOK

世界132ヵ国で、SIM交換不要で使える端末(U2s)を使用。

面倒な手続き・設定が要らないので、海外出張や旅行が多い人も便利です。

4.工事不要、家でも外でも使える

光回線のように工事の時間や手間はかからず、届いたらすぐに利用できます。

5.端末料金0円

端末購入やレンタル料は無料なので、初期費用を安く抑えられます。

※解約時に端末返却が必要

ギガゴリWifiの詳細をこちら↓



ギガゴリWiFiワールドのデメリット

  1. 端末は返却が必要
  2. 大容量はお得じゃない
  3. 1ヶ月分の容量を超えると翌月になるまで速度が戻らない
  4. 契約違約金が高額

1.端末は返却が必要

海外でもインターネットにつながる仕様の端末でも、契約期間中は「借りている」ことになり、解約時に返却が必要です。

しかも、返却時の送料は自己負担。

2.大容量はお得じゃない

200GBプランは、どこよりもWifiをはじめ他のWifiサービスの方が月額が安いので、お得です。

大容量だからという理由だけでWifiを選ぶのであれば、他のサービス会社も含めて検討するほうが良いでしょう。

ギガゴリWifiではむしろ、20GBや40GBといった小容量のプランの方がお得です。

3.1ヶ月分の容量を超えると翌月になるまで速度が戻らない

WiMAXは3日10GBを超えた場合、18時以降の速度は遅くなります。

画像表示などにはかなり時間がかかるようになりますが、YouTubeも問題なく観られる程度の速度です。

また、翌朝には速度はもとに戻っているので、あまり気になりません。

一方、ギガゴリWifiの場合は毎月の契約通信料をちょっとでも超えると、翌月まで遅いまま。

時間帯関係なく、スマホ速度制限並みの速度まで低下してしまいます。

4.契約違約金が高額

ギガゴリWifiの大きなデメリットのひとつが、解約タイミングによっては高額な契約違約金が発生する点です。

  • 初月~12ヶ月目に解約:22,000円
  • 13~24ヶ月目に解約:16,000円
  • 25ヶ月目以降:0円

1年以内に解約することになると、非常に高額な違約金を支払う必要が出てきます。

長く使うことが確定した後で正式に契約する方が良いでしょう。

【200GBプランのおすすめ「どこよりもWifi」のお得な申し込み方】

ポイントサイトのモッピー経由で3,500ポイントの還元がもらえる!

まとめ:デメリットもチェックしてWifiを選ぼう

最後に結論として、ギガゴリWifiを含めて、容量別におすすめのWifiをまとめます。

安さで選ぶ月200GBプランなら→どこよりもWifi(モッピー経由でポイント還元)

安さで選ぶ月100GBプランなら→ZEUS(ゼウス)WiFi

安さで選ぶ月20GB・40GBプランなら→???

WIMAXがつながりにくいエリアで大容量使いたいなら→ギガゴリWifi

ギガゴリWifiは200GB/月プランで使える数少ないクラウドSIM回線のひとつですが、料金が高額な部類です。

月額を優先して選ぶ場合は、どこよりもWifiやlet’s hiho Wifiなども検討することをおすすめします。

自宅で自由につなげるWifiを選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】