時間管理をしながら英語学習を続けるには【1000時間・3000時間・1万時間理論】

時間管理をしながら英語学習を続けるには【1000時間・3000時間・1万時間理論】

今回は、時間管理を上手に活かし、英語学習を挫折することなく続ける方法について解説していきます。

巷で言われている1000時間、3000時間、1万時間理論についても交えながら、継続できる英語学習方法のコツをわかりやすくまとめました。

忙しい仕事の合間に英語学習をして上達できるのか不安だ、という人や、英語学習に時間を避けないと困っている人など、英語上達を目指すすべての人に役立つ情報ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Advertisement

時間管理が英語学習に必須な理由

1日24時間という限られた時間の中で、英語上達のための時間を新たに作ることはできません。

普段他のことに費やしている時間を英語学習時間に替える他方法はないのです。

逆に、英語学習における時間管理ができるようになると、仕事を含め他のことにも能力を応用できます。

身につけておいて損はない方法です。

時間管理(1000時間・3000時間・1万時間理論)

英語学習において、重要な学習時間理論があります。

1000時間理論とは

中級レベルの英語を身につけるためには1000時間を要する、という理論です。

  • 100時間→脱初心者レベル
  • 1000時間→中級者レベル
  • 10,000時間→プロレベル

実際にはプロレベルの英語をマスターするためには、日本人は2,200時間以上の学習が必要であるというデータです。

ちなみに、中学校と高校にて英語を学んでいる場合、すでに1,200〜1,600時間は学習済みということになります。

つまり、最低でも2,200−1,200=1,000時間が学習に必要な時間という計算です。

1日3時間学習した場合、333日=1年以内に達成する時間ではあります。

3000時間理論はどこからきたか

英語学習に関して3000時間理論も存在します。

1,000時間では実際に英語をマスターすることはできない、というデータのもと計算させた数値です。

1日3時間勉強したとしても1年で英語をマスターすることは難しい、というのはなんとなくイメージがつきますね。

1万時間理論(マルコム・グラッドウェル)

有名な1万時間理論は、マルコム・グラッドウェルが著書「天才!」の中で唱えた理論で、ビジネスセミナーやビジネス書ではよく登場します。

何かをマスターするには1万時間が必要だ、という理論ですね。

1日5時間費やしたとして、2,000日=約5.479452年、5年5ヶ月くらいです。

どのレベルの英語を身に着けたいかに、そしてどのくらい英語学習に時間を費やしてきたかよって、必要な学習時間が異なります。

時間管理をしながら英語学習を続ける3つのコツ

時間管理をしながら英語学習を続けるための3つのコツをご紹介します。ぜひ英語上達のために参考にしてください。

  1. 英語学習それぞれの段階での目標を立てておく
  2. 継続するためのモチベーションを維持する
  3. 1000時間と3000時間を短縮する方法?

1.英語学習それぞれの段階での目標を立てておく

長期的な目標を持っておくと継続する上での支えになります。

ただし、短期的目標とのバランスを考慮しておく方が継続しやすいです。

遠くのゴールだけみて走り続けるのは、かなり自分を律することができる人以外にはとてもつらいもの。

1ヶ月、3ヶ月といった短期的な目標があればそれを目指して走りやすいので、ぜひ設定しておきましょう。

2.継続するためのモチベーションを維持する

一人で頑張っているようで辛い、と感じてしまう場合は、同じように英語学習に励む仲間 SNSやアプリなどで見つけると良いでしょう。

3.1000時間と3000時間を短縮する方法?

勉強時間を短縮させるためには、学習した効果を忘れないように定着させ、思い出しやすくする工夫も有効です。

学習効果を定着させるために、体調管理を行いましょう。

毎日十分に睡眠を取ること、栄養が偏らないように食べ物を意識すること、など健康的な生活を意識してみてください。

また、「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へのシフトは、英語上級者にも通ずる勉強法です。

自分が興味を持って学び続けられる分野について、英語の書籍や動画、ポッドキャストなどを利用することを強くおすすめします。

時間管理しながら英語学習する際に注意したいこと

時間管理をしながら英語学習ができてきた、慣れてきたという頃に特に注意したいポイントがあります。

1.結局は量、質も大切だが量がものを言うのが英語学習

英語が上達するためには、時間と量の積み重ねが欠かせません。

そのため、すき間学習を侮らない、少しでも勉強できたら自分を褒めるなどして、完璧主義から抜け出すこともなにかの上達の途中には必要です。

2.時間管理することに縛られない

スケジュール管理は英語学習のための補助役であって、目的ではないことを忘れないようにしましょう。

英語学習をするためにスケジュール管理するだけで満足する、あるいはアプリなどのツールを使うことで満足してしまっては本末転倒です。

ある程度時間管理ができればOKで、英語学習するエネルギーをそこに費やしすぎないようにしてくださいね。

3.何時間勉強したから必ず上達しているとも限らない!

学習時間が必ず英語上達を保証するものではないことも忘れないようにしましょう。

10000時間勉強しなくてもマスターできる人はマスターしますしし、3000時間では大卒レベルに至らない可能性もあります。

ただひとつ言えるのは、やった人には結果がついてくる、やらなければ上達しないということです。

英語上達のための学習を念頭に置いて、継続していきましょう。

まとめ:英語学習ではとにかく継続がすべて!

英語上達のための学習のコツは、兎にも角にも継続、積み重ねに限ります。

英語マスターの道にショートカットはありません。土台がしっかりしていれば、積み重ねていくほどに自身の上達も体感できるようになります。

ただし、目に見える結果が出ないからといって、継続を止めてしまっては積み上げてきたものが急速でなくなってしまいます。

英語学習は種から植物を育てるようなものと思って、継続してくださいね。

枝葉が見えないときには根を張っている時間ですから、何も無駄はありませんよ。