ケイ素(シリカ)のちからと美容健康効果のある使い方

ケイ素(シリカ)のちからと美容健康効果のある使い方

ケイ素(シリカ)は、日本だけでなく世界でも人気にある成分です。

シリカ水をはじめ、さまざまなケイ素(シリカ)アイテムが登場する中で、ニセ医学の怪しさを感じている人もいるかもしれません。

実際に使ってみたところ、変化が出ましたが、悪い作用は感じませんでした。

今回は、ケイ素(シリカ)を使った感想とともに、効能やおすすめアイテム情報をまとめます。

健康や美容に興味のある人に役立つ情報ですので、ぜひ御覧ください。

Advertisement

ケイ素(シリカ)が持つ効能とは

ケイ素(シリカ)とはミネラルの一種です。

皮膚や血管、毛髪、細胞壁などに多く、約18gほどが体内に含まれており、臓器の老化・酸化防止に役立っています。

主な効能は以下のとおりです。

コラーゲン・エラスチンの生成:肌や髪、爪の健康

新陳代謝の向上と血管修復:デトックスやアンチエイジング

腸内環境の改善:便秘解消

殺菌性・消炎性:マウスケア

骨や歯の健康を助ける

ケイ素(シリカ)には以上のような効能が報告されています。

美容や健康に意識がある人にとっては、魅力的に感じる成分ですね。

加齢とともに体内のケイ素量は減りますが、体内で生成できないため、食べ物や飲み物などからの摂取が有効です。

ちなみに、ケイ素が多く含まれる食べ物には、じゃがいも、玄米、麦、青のりなどがあります。

普段の食事でもケイ素を摂ることは可能ですが、吸収量を考えるとケイ素の配合量が多いものが効率的です。

植物由来の水溶性ケイ素は副作用がない

ケイ素には、植物由来の水溶性ケイ素と、鉱石由来の結晶性ケイ素があり、ケイ素水は水溶性ケイ素が使われています。

結晶性ケイ素は、WHOでも使用に注意が必要とされる有害成分です。

代表的なものに除湿に使われるシリカゲルがあり、体内に摂取するのは危険なことがイメージできるでしょう。

水や食品に混ぜて使えるケイ素は、水溶性ケイ素に限られています。

購入前に、念のため水溶性ケイ素であることを確認しておくと良いでしょう。

ケイ素は体内で不要な分は排出されるようになっていますが、だからといって過剰摂取は負担になります。

1日10〜40mgが目安摂取量とされていますが、最初はもっと少ない量から始めるのが無難でしょう。

ケイ素(シリカ)の本当に効果的な使い方

ケイ素(シリカ)は、さまざまな使い方ができます。

  • 水やドリンクに混ぜる
  • 料理に混ぜる
  • 米を炊くときに入れる
  • 化粧品にプラスする
  • 精製水に混ぜて肌に吹きかける

ケイ素(シリカ)濃縮液を自宅においておくと、あらゆる使い方ができて便利です。

なお、温度によって影響を受けない成分なので、冷たい水でも温かいお茶や料理でも問題なく使えます。

実際に感じることができた効果

筆者はケイ素(シリカ)濃縮液を飲み物や化粧品として使っています。

使い始めて1ヶ月前後ですが、得られた効果を書いてみます。

  • よく眠れるようになった
  • 肌の表面のボソボソがなくなった
  • 飲む水の量が増えた

ホルモンバランスなどで生理前後に不眠があった筆者ですが、毎日7〜8時間しっかり寝られるようになりました。

精製水にケイ素を混ぜたものをスキンケアに使いはじめたところ、肌の表面を触ってデコボコが感じられたところも気にならなくなっています。

体内の菌のバランスに影響しているのかな、と感じています。

ニキビやニキビ跡にはあまり変化は見られませんでしたが、使用量を多めにすると目に見える効果があるかもしれません。

飲み水やハーブティ、よもぎ茶にケイ素の濃縮液を10〜20滴垂らして摂取していますが、水を飲む量が増えた気がします。

ケイ素のおすすめ

ケイ素(シリカ)を使ったアイテムのおすすめを紹介します。

霧島天然水のむシリカ(シリカ水)

メディアでも有名なのむシリカは、ケイ素だけでなくミネラル含有量が多い霧島の天然水です。

【1Lあたりのミネラル含有量】

  • ケイ素(シリカ):97mg
  • マグネシウム:14mg
  • カルシウム:31mg
  • 炭酸水素イオン:170mg
  • バナジウム:34μg

ケイ素含有量は世界トップクラス。とはいえ、中硬水なので、軟水に慣れている日本人も飲みやすい口当たりです。

500mlペットボトルと2Lペットボトルが選べるので、携帯用と自宅用に使い分けるにも便利でしょう。

定期便は回数や期間の縛りがないので、いつでも停止可能。割引と送料無料で使えるのでお得です。

Welvina(ウェルビナ)浄水器タイプ

浄水器タイプは、料理にも飲み水にもしっかりケイ素水を使いたい人におすすめです。

米のもみ殻で作られた日本品質のフィルターを使用した、日本製の浄水器「Welvina(ウェルビナ)」。

シンプルでおしゃれなデザインで片手でも持ちやすく、冷蔵庫のドアポケットにぴったり収まります。

  • サイズ:W175mm×H235mm×D85mm
  • 内容量:浄水1L&原水1L
  • 単品:7,231円(税込)

シリカ濃縮タイプ

シリカ濃縮タイプは、飲み水や料理、化粧品などいろいろと使えるので重宝しています。

毎日使っても、1本あれば1〜2ヶ月は持つ計算です。

最後に

ケイ素(シリカ)は、手軽に使えて副作用の心配もない魅力的な成分です。

飲み水や浄水器なら、すでにケイ素が含まれているので手間いらず。

スキンケアにも使いたいなら、濃縮液が良いでしょう。

使うときには、何かしら体感が出るかどうか試してみる、という気持ちで取り入れることをおすすめします。

もちろん、使うことで肌や体調に変化が出ても、大量に使用することや「これだけ使っていれば大丈夫」という思い込みは厳禁です。

美容や健康は、食べるものと体の使い方、とりまく環境、そして頭の使い方によって変化します。

シリカさえ摂っていれば健康になれる、といった魔法はありませんので、普段の生活がやはり基本です。

睡眠をきちんと取ること、偏りすぎない食生活をすること、体を適度に動かすこと、など。

健康的な生活習慣という土台の上で、ケイ素を取り入れることで、その人に必要な変化が表れるだけのことです。

体感には個人差があるため、一概には言えませんが、何かしら効能を体感できるはずですので、気になる人はぜひ試してみてください。