体のしくみを理解するコツ|つなげて考えることと健康の定義

体のしくみを理解するコツ|つなげて考えることと健康の定義

健康を維持するためには、体のしくみを理解する必要があります。

生物や生化学といった学問的な内容はもちろん、目に見えない音や空気、波動といったものも含めて客観的に理解することが大切です。

総括的に学べる場所はまだまだ少ないものの、これからは自分で学習していくことが「本当の意味での健康」を維持するために不可欠でしょう。

そこでポイントとなるのが「つなげて考えること」。

今回は、体のしくみを理解するコツとつなげて考えることの大切さ、これからの健康の定義についてまとめます。

健康は財産ですが、人それぞれ定義やバックグラウンドが異なりますよね。

これからの時代の健康は、それぞれの健康の定義を実現する方法を選んでいくことです。ぜひ読んでみてください。

Advertisement

体のしくみを理解するコツ=「つなげて考える」こと

体というもののしくみ、何がどうやって動いていて、それぞれの臓器や組織がどのように関与しているか。

客観的に、宇宙>地球>世界>自然>街>自分(体)の視点を含めて理解するためのコツは「つなげて考える」視点です。

タンパク質が筋肉に必要だ、糖質は過剰摂取は良くない、など点の情報だけでは不十分。

どこにどうつながるのかわかっていないと、結局は極端な食事制限に走ってしまい、健康から離れていきます。

体内の一連の流れとして捉えるよう、意識することが大切です。

タンパク質や糖質は体内でどう流れ、消費された後は何ができてどうなるのか。

そうしたことを俯瞰しながらつなげて考えることで、本当の体のしくみが見えてきます。

体のしくみをつかむことは、本当の意味での健康を維持するために欠かせません。

体のしくみを理解するための学習

本やネット上の情報を鵜呑みにせず、体のしくみや健康の維持には本当は何が大切なのかを知って、実践していくには、体自身のことを自分で理解するしかありません。

目先の方法論に振り回されずに健康でいるためには、体のしくみを理解する、これに付きます。

現在は、まだこういった視点で発信されている方は少数です。

ただ、いなくはありません。

医師や治療家、セラピストなど発信されている方の情報源を参考に、自分の生活に落とし込んで実践していきましょう。

より複雑になる「健康の定義」

これからの時代は、情報過多によって翻弄される人がますます増えるでしょう。

さまざまな情報が出ては消え、消えては再び浮き上がって話題になる、その繰り返しです。

そして代表的なテーマが健康であり、実際に特定の「健康情報」を信じてせっせかそれだけを実践している人が多いのも事実。

過去の筆者もそうでした。

だからこそ、自分にとって健康とは何なのか、何を優先するのかがわかっているか、が非常に重要になってきます。

病気にならないことを優先するのか、肌がきれいなことを優先するのか。

ただ痩せていればいいのか、筋力をつけてアンチエイジングに取り組むのか。

時間をとって自分について振り返ってみるのも、おすすめです。

人生についても同じことがいえますね。

まとめ:体のしくみを理解するためにつなげて考える

これからの時代、健康を維持するためには体のしくみを理解する必要があります。

体のしくみを知るためには、つなげて考える視点を忘れないようにしましょう。

サプリメントや栄養食品、食事法は健康のためのひとつの選択肢であるだけで、必須ではありません。

根本的な健康問題の解決には、精神的な問題に取り組まねばならない人もいるでしょう。

そうした全体をくまなく見て、俯瞰して考える力が大切です。

偏ることが健康にとっては一番害になります。