美味しかったおすすめコーヒー豆リスト|自宅コーヒー好きが選ぶ

美味しかったおすすめコーヒー豆リスト|自宅コーヒー好きが選ぶ

美味しいコーヒー屋をめぐるのがひとつの趣味でもある筆者。

最近は、コーヒー豆を取り寄せて自宅で楽しむ方がめっきり多くなってしまいました。

良質な美味しいコーヒーがあれば、在宅勤務やテレワークも捗ること間違いなしです。

今回は、美味しかったお気に入りのコーヒー豆・ショップを一挙にご紹介します。

豆の種類や産地などの知識に精通している訳ではありませんが、食べ物や飲み物の味には敏感な筆者のおすすめであることは保証します。

自宅でコーヒーを楽しみたい方や、美味しいコーヒー豆を探している方はぜひ参考にしてください。

Advertisement

美味しかったコーヒー豆リスト

「美味しいな」「うそがないな」「質がいいな」と感じたコーヒー豆ショップを厳選しました。

筆者、豆に特別なこだわりを持っていないのと、実は正直豆の種類や産地には詳しくない状況です。

上手にテイストを表現できるコーヒー愛飲家の方には物足りないかもしれませんが、ご了承ください。

1.赤富士珈琲

赤富士

(引用元:赤富士珈琲公式HP

自家焙煎珈琲屋「赤富士」さん、何年も定期的にリピート購入している愛用店です。

実際にコーヒーを楽しめるカフェにはいまだ足を運べておらず、豆の通販で楽しませてもらっています。(最近店舗は富士宮市へ移転した模様)

コーヒーを隅々まで味わってもらうために、店内はスマホ・読書NGというこだわりぶり。(現在はテイクアウトのみの営業かもしれません)

コーヒーへの並々ならぬ愛情を感じます。

商品とともに手書きのコメントをつけてくださり、読むだけでほっこりとした気持ちになります。

通販できる豆の種類が豊富なので、きっと好みの豆がみつかるはず。

送料無料のお得なセットが最初は手軽でおすすめです。

2.dimanche

dimonche

(引用元:dimonche公式HP

鎌倉の有名カフェ、ディモンシュさんはコーヒー豆の通販がしやすくて気に入っています。

豆の種類が豊富な上、200g、300g、500gと自宅用に購入するには便利なサイズで用意されているため、リピートしています。

ブラジルのサンカタリーナは飲みやすく、特にお気に入り。中深煎りでラテでもブラックでも美味しいです。

実店舗は見た目が雑誌の表紙を飾るほど芸術性の高いパフェが有名のようですね。そのうち足を運んでみたいものです。

3.武珈琲ラボ

(引用元:武珈琲ラボ公式HP

福井県のコーヒーショップ武珈琲さんも数回利用しています。

最初はディカフェの豆を購入し、その後は通常の豆を購入。

100g単位で買えるので、いろいろな種類を飲み比べたい人にもおすすめします。

接客サービスが非常に丁寧で、ほっこりしてしまいました。安心して購入できるショップのひとつです。

4.天野珈琲店

お試しセットを購入してとても満足したのが、天野珈琲店。千葉県千葉市にあるコーヒー豆焙煎所です。

印象に残っているのが、ミルで豆を挽くときに「豆がやわらかい!!」と驚いたこと。

いつもならミルを回すハンドルがときどき止まることがあるのですが(わたしの力加減の問題でもある笑)、こちらの豆はひっかからない。

むしろ、スムーズにどんどん挽けてびっくりしたのでした。なぜだろう??

中焙煎(ミディアムロースト)〜中浅焙煎(ミディアムライト)でお願いしたところ、これがまたカフェラテによくあう度合いで気に入りましたね。

次は別な豆も試してみたいです。

5.堀口珈琲

いわずとしれた有名店「堀口珈琲」さんは、豆のプロフェッショナルだけあって、品揃えもしっかりされています。

まだお試しセット(50g×6種)しか試せていませんが、ハマった豆がありました。

今まではラテに合う深煎りが好みだったのですが、少し軽めでバランスの取れたフレンチローストやフルシティローストも美味しかった!

6種類を一気に試したからこそ、味の違いがより明確に感じられたのでしょう。

50gはちょっと少ないですが、初めての人にとっても便利なセットです。

購入すると新商品やコーヒーの知識についてのメルマガが届きますが、これが非常に勉強になるのです。

購読しているだけでも知識がどんどん深まります。

でもやはり、知識を得たら実際に味わってみないと本当の意味では理解したとはいえないと思っているので、いろいろな豆を試していきたい次第です。

いまさらですが「コーヒー豆を買うときのポイント」

いまさら感が強いですが、個人的にチェックしている「コーヒー豆を買う際のポイント」をまとめます。

  • なるべく届く直前に焙煎している
  • 豆のまま購入できる
  • 焙煎度合いが選べる

ロースト(焙煎)すると、時間とともに酸化していくので、できるだけ自宅に届く直前に焙煎しているものが理想的です。

注文が入ってから焙煎してくれる「珈琲きゃろっと」のスタイルだと安心ですね。

同じような理由で、粉よりも豆の状態で購入しましょう!

粉の状態で売られているものと、豆から挽きたての粉は別ものだと認識してもいいくらい、個人的には差を感じます。

「自宅で豆を挽けないよ」という人は、この際コーヒーミルをゲットしてみてはいかがでしょう?

リーズナブルなもので問題なく挽けますし、エスプレッソマシンのように場所を取りません。

オプションとして、焙煎度合いを選ぶとよりコーヒーの奥深さを楽しめます。

よくわからないときは、お店のおすすめの焙煎度合いを選べばよいですし、こだわる人は自分の好みをチョイスできます。

まとめ

美味しいコーヒー屋をめぐるのもひとつの楽しみですが、自宅でも美味しいコーヒーが飲めるようになると最強です。

自宅で過ごす時間が多くなった今、ぜひ美味しいコーヒーを楽しめる工夫を取り入れてみてください。

知らないお店も多く、おすすめの豆や店舗があったら試してみたいので、コメントなどで教えてくださいね!