糖質制限を辞めてみた【1年経過】リバウンドと無縁なダイエットには糖質が必要

糖質制限を辞めてみた【1年経過】リバウンドと無縁なダイエットには糖質が必要

糖質制限を辞めて1年ちょっとが経過しました。

わかったことを記録としてまとめていきます。

  • 糖質制限を辞めて4ヶ月ほどでマイナス5kg、その後リバウンドなし。
  • 糖質を摂って過食衝動がなくなった。
  • 運動も食事制限もしなくて体型はキープできる。
  • 今となってはダイエットという概念が古い!

より詳しく知りたい人は、読み進めてください。

Advertisement

糖質制限を辞めて4ヶ月でマイナス5kg

糖質制限を辞めて4ヶ月でマイナス5kgした後、リバウンドはしていません。

2018年の3月から糖質制限を辞めたので、現在、糖質制限を辞めて1年と2ヶ月ほどが経ちました。

2018年7月にはマイナス5kg以上を達成。

それから体型や顔の大きさはほぼ変わりなし(体感としてですが)。

体調はすこぶる良いです。

後遺症的に、副腎疲労と呼ばれるような症状が出ることも、PMSや生理後の変化も多少あります。

肌の状態も良いですし、何より日焼けしても色が元に戻るスピードが早くなりました。

ターンオーバーがしっかり機能している証拠ですね。

糖質を摂りはじめて過食衝動がなくなった

糖質制限→糖質メインという移行により、過食したくなる衝動がほとんどなくなりました。

糖質制限中はお腹いっぱいでも、力がでない、満たされないという状態が頻繁にあったのですが、皆無。

きちんとエネルギーが補給され、臓器が正常運転して、エネルギーが消費されていると言えそうですね。

糖質は身体にとって重要なエネルギーであることを、身をもって実感している次第です。

(※タンパク質や脂質もエネルギーにはなりえます。細かく言うと、どんなエネルギーか、が違うだけです。)

糖質制限とは無縁になった今の食生活

リバウンドしなくなった今では、食べたいものがあればそれを食べています。

ハンバーガーも食べるし、ドーナッツも食べます。食べたくなったら、ですけど。←ここ大切!

食べたいと思ったときに食べるのが一番満足度が高いですからね。

1週間のうち5〜6日の基本的な食事は、

  • 肉(チキン、ポーク)、少量の加熱野菜、イモ類
  • 小腹が空いたときのおやつ:黒糖やはちみつ
  • 穀物(お米)はランチに多少食べる
  • 化学調味料や添加物はしっかり避ける
  • グルテンフリー
  • コーヒー(豆から挽いてモカポットで淹れる)
  • (ココナッツ、アボカド以外の)ベジタブルオイルを避ける

といった感じです。

コーヒーは嗜好品ですね。好きなので1日1杯は飲んでいます。

自宅でモカポットで淹れることが多いですが、コーヒー屋に飲みに行くのも好きです。

最も重要なポイントだと思っているのが「ベジタブルオイルを避ける」こと

ベジタブルオイルとは植物性油脂、つまり不飽和脂肪酸が多く含まれる脂質のことです。

この手のベジタブルオイルを避けるだけでも、糖質制限か否かは置いといても、体調がぐっと変わってきます。(体験済み)

不飽和脂肪酸はダイエットだけでなく健康の敵でもあります。

ベジタブルオイルといっても、ココナッツオイルは飽和度が高いので、代替品としておすすめです。

炒めものや普段の調理に使うのにココナッツの風味が気になる場合は、MCTオイルを使うといいですよ。

運動も食事制限もしなくて体型はキープできる

糖質制限を辞めてわかったことは体のしくみに沿った生活をしていれば「適した体型・体重」に落ち着くということです。

糖質制限は、体のしくみからすると真逆の食事法といえます。

疲れた時に甘い物が食べたくなりませんか?

甘いものを食べたらほっとしませんか?

体は自然と糖質を必要としています。

なぜなら、正常に機能させるのに必要だから。

にもかかわらず、糖質をカットしてダイエットしようという世の中の糖質制限ダイエットでは、たとえ痩せられたとしてもリバウンドする。

あるいは、体調が優れないなど影響が出る。

体のしくみがわかってきた今なら、まっとうな話であることが理解できます。

それからダイエットに関しては、世界的にプラスサイズモデルなどの言葉が定着し、多様化が進んだ現在はそもそもダイエットという概念が古くなっています。

海外では「痩せた?」という質問すら「racist(差別)」と言われます。(体験談)

日本では、十分にほっっそいのに「ダイエットしてる」「痩せなくちゃ」という女性も多く、ダイエットに励み続けている様子がよく見られます。

特にSNS上では、いまだ体型に関するネガティブなコメントも少なくありません。

痩せたい人を止める気はまったくありませんし、ダイエッターをどうこうしなきゃとも思いません。

ただ、今以上に肌の色や体型における自由度が高い時代はなかったんじゃないか、と思うのです。

どんな体型でも自分に自信を持って、やりたいこと・やるべきことを全うしていくことが、これからは特に重要です。

洋服のサイズやバリエーションが増えてきた日本でも、自分の体型を好きになるトレンドが定着すればいいなと思う次第です。