天赦日(てんしゃび)の本当の意味|縁起がいい日にしてはいけないこと・運気アップの極意

天赦日(てんしゃび)の本当の意味|縁起がいい日にしてはいけないこと・運気アップの極意

天赦日(てんしゃび)は、運気が良い日として知られるようになってきました。

大安、一粒万倍日、天赦日など、いわゆる縁起が良い日にはそれぞれに意味があります。

この記事では、天赦日(てんしゃび)の本当の意味と、縁起がいい日にしてはいけないことについてまとめました。

大吉の日の恩恵を得るためにも、真の役割を知って大切に過ごしたいものです。

  • 天赦日って聞いたことはあるけど、意味はよくわかっていない
  • 天赦日には何をしたら良いとされているのか知りたい
  • 天赦日や一粒万倍日など縁起のいい日にしてはいけないことってある?

以上のような疑問や要望を持つ人に役立つ内容ですので、ぜひご覧ください。

Advertisement

天赦日(てんしゃび)とは?本当の意味はあまり知られていない

天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)とは、天が万物の罪を赦(ゆる)す日と書くとおり、許しに関係している日です。

通常1年に6、7日しか設けられていない貴重な日でもあります。

神道では、八百万の神様が天に昇って、人生における大小の過ちや罪を許してくれるといいます。

返せていない借り物や人の恩、そんなつもりがなくても人を傷つけてしまったこと、勢いで道理を外れてしまった経験など。

今の人生だけでなく、過去生における罪も含まれます。

長い人生におけるさまざまを過ちに対して、許しを請う日が天赦日の本当の意味です。

単純に縁起が良い、運気が良い、願い事が叶いやすいという日とは異なります。

自身の過去に許しを得られることで浄化され、結果的に運気が良くなるという話ですね。

まずは許しに焦点を当てることが大切で、下がっていた運気が上がることは副産物です。

赦し、つまりは祓い(はらい)によって、自分本来の使命や人生の道に気付きやすくなります。

本当の使命を歩む道に方向転換できれば、スムーズに進んでいくことは簡単に想像できますよね。

つまり、運が良いと思えるような出来事が起こりやすい状態になりやすいのです。

天は万物の罪を赦(ゆる)す日とされている「天赦日」。

ちなみに、道教では天赦日の「天」は天公=玉皇大帝さまを指しており、天赦日には本来お供え物がされるそうです。

正式なお供えものは、お酒3杯、果物3種、ベジタリアン向けビスケットのほか、殻付の龍眼12粒や乞龜、九轉壽生蓮花なども含まれます。

祓い(はらい)については、こちらの本も参考になります。

「あなたの人生に奇跡をもたらす和の成功法則」祓って導かれる【book review】書評

天赦日にやるべきことは願い事より感謝と反省

天赦日は、天に赦(ゆる)しをもらう日。

神様からの応援をお願いする日でもありますが、本来の意味からすると、願い事よりも日々の感謝と罪への反省に適した日です。

事故や病気がなく、家族や恋人、まわりの人みんなが健康で、無事に1日をまっとうできていること。

そして、悪気がなくてもやってしまったこと、反省すべき間違いやウソについて改めようと決めること。

こうした自分との約束を改めることが、天赦日を通して開運するコツといえそうです。

巷では、天赦日=開運の日とされ、事業や入籍、引っ越しなど新しいことを始めるのに適しているとされます。

新しい財布を使い始めるのに良い日という説も広まっていますよね。

もちろんそうした恩恵もなくはありませんが、その手前で赦しを受けようとする姿勢があることが重要です。

赦し、感謝、反省といった内面的な事柄の他、実際の行動としてすべきことは、やはり祓いです。

  • 断捨離と片付け
  • 玄関や室内の床の水拭き
  • 着なくなった洋服や下着の処分
  • パソコンやスマホのブックマークの整理

などがあります。

天赦日じゃなくてもやっておくと運気が上がりそうなことですよね。。そういうことです。

お願い事の前にやるべきこと、できることはたくさんあるよ、ということに気づかせるのも、天赦日や縁起のいい日の大きな役割なのかもしれません。

天赦日や縁起のいい日にしてはいけないことは3つ

なお、天赦日や縁起のいい日にしてはいけないとされることは、次の3つです。

  • 犯罪や人道を外れる無茶無謀なこと
  • 浮気や不倫
  • ギャンブル

天赦日なら何でも許されるからと、やってもよいと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

というか、天赦日じゃなくてもやってはいけないこと、やらない方がいいことですよね苦笑。

大吉の日は、拡大するエネルギーを持つことから、借金や投棄的なギャンブルはNGとされています。

どうしてもやってみたい賭け事があるなら、

賭け事みたいな一発逆転は人生にはない、ということも大切な教えです。

最後に:天赦日は日々の感謝と反省を静かに行おう

天赦日の本来の意味は、天に赦しをもえらえる日。

開運日や縁起のいい日といわれる所以を理解し、日々の感謝や自分の行いへの反省を丁寧に行うことで、結果的に運気が開けていくものです。

やるべきことややらない方がいいこともありますが、まずは赦しが最初です。

縁起がいいとされる日の意味を知ることで、自分の使命を生きるためには何が必要なのか、何をすべきなのかが見えてきます。

今年の天赦日をチェックするときには、ぜひ上記内容を思い出してみてください。

上手に運気を活用して、自分の人生を満たされたものにしていきましょう。

自分だけの運気の上げ方を知ろう!個人鑑定ならvernis
電話占いヴェルニ