魚座の本当の意味|ボランティアや同化が意味するもの?海王星のカオスに嫌気がさしたら

魚座の本当の意味|ボランティアや同化が意味するもの?海王星のカオスに嫌気がさしたら

占星術やホロスコープは、深めたいと思ったらたくさんのサイトや書籍で勉強できる人気の占い。

誰にでもわかりやすくて、自分を知るひとつの方法としても役立てられるツールです。

ただ、単純なキーワードの奥にある意味を知ることで、弱点だと思うポイントに対する見方を変えられる可能性があります。

今回は、そのサポートも含めて、占星術独学勉強中の身ではありますが、魚座を表すキーワードや定型文が示す本当の意味に迫っていきます。

魚座の支配星である海王星の持つカオスなエネルギーには、嫌気がさすという魚座さんももしかしたら少なくないかも。

そんなときはこう考えてみて、という提案も紹介しています。

占星術やホロスコープ、占いが好きな人、自分や身近な人が魚座で悩んでいる人は読む価値ありですので、ぜひご覧ください。

Advertisement

魚座のよく言われているキーワード・定型文

「I believe(私は信じる)」

支配星:海王星

浄化 癒し・ヒーリング スピリチュアル 芸術 想像力豊か 神秘的 清濁併せ呑む 慈悲の心 救済 すべて ひとつ ファンタジー 現実逃避・非現実的 依存・共依存 被害者意識 曖昧 溶解 公私混同 他人と自分の境が曖昧 だらしない 決められない・優柔不断 混乱 陶酔的 不注意 感傷的 落ち込みやすい 感情の起伏が激しい 誘惑に弱い 流されやすい 一貫性がない 矛盾した行動 金銭感覚にうとい 俗物的 ルールを守れない 水に流す リセット 卒業  足(くるぶしから下)足の裏

代表的な魚座の定型文をいくつか挙げます。

「フワフワ・柔らかい雰囲気」

「自分より相手を思う、自己犠牲してまで相手を優先する」

「幻想的なアーティスト、インスピレーションや直感が強い」

「適職は医者、福祉事業、カウンセラー、セラピスト、心理学者、占い師、宗教家、水商売、貿易関係など」

占星術に詳しい方や勉強している方なら聞いたことがあることでしょう。

ホロスコープで魚座が強調されている、いわゆる魚座が強い人に当てはまりやすい、といわれます。

魚座の特徴が出やすいとされる人

  • 太陽星座魚座(2月末〜3月生まれ)
  • ASCや月が魚座
  • 魚座ステリウムまたはオーバーロード(いくつも個人天体が入っている)
  • 魚座が12ハウス
  • 海王星がASCやMCの近くにある
  • 魚座の惑星とハードアスペクトを取る惑星やアングルがある

厳密には、上記の条件に当てはまっている=魚座が強いという意味ではなく、一例であり、その傾向があるかもねってことです。

ホロスコープは10天体と12星座すべての要素を兼ね備えているため、魚座だけを見て決めつけることは本来の占星術の使い方ではありません。

魚座を表すキーワードの本当の意味

ホロスコープを通した自分や大切な他人を理解するために、魚座の特徴を掘り下げていきます。

魚座のキーワードが示す本当の意味を、個人的な解釈も含めて解説していきます。

1.ボランティアの本当の意味

ボランティアや奉仕も魚座の重要なキーワードです。

この世界はGive&Take、目に見えないものも含めた交換で成り立っているにも関わらず、魚座は見返りを期待しない奉仕をする必要があります。

理由は、魚座が同化という形ですでに“もらっている”から。

魚座という要素は、何かと同化しないと自分というものがわからないため、

同化する対象、人や環境、霊的なエネルギーなど何でもいいのですが、すでに存在を借りています。

もらっているから、自分から与える番になる訳です。

見返りがなくても行うボランティア活動や奉仕精神が重要、必要とされるのは同化による影響と考えられます。

2. 同化の本当の意味

魚座は、人だけでなく環境にも同化する性質があります。

環境の影響を受けやすいという意味ですね。

海王星の特徴でもある「溶かす」、そして「一緒になる」「ひとつになる」というのも同化です。

魚座は自分と他人との境目が曖昧、あるいはわからない、適切に把握しにくいため、防御力ゼロでもあります。

同化してしまうため、自分というものを守る必要もなければ、自分を守るために戦う必要がない。

同化することによって、相手と一緒になる=相手と同じ考え方をするといえます。

同時に、相手も自分と同じだとも思い始めてしまうところがやっかいです。

相手=自分、ということは下手すると相手は自分と同じ感じ方や考え方をする、と思い込みだします。

結果、相手の本当の気持ちが必然的にわからない、ということになります。これは人間関係において見過ごせないポイントです。

自分が何かを伝えたとして、「なぜ同意できないの?自分と同じようにやらないの?」となる可能性がでてきます。

3. 極端の本当の意味

魚座が同化する対象は、自分の行動や特定の事実であることも少なくありません。

この場合、自分の起こした結果=自分となります。

結果が出なかったときに「自分は価値がない人間だ」と極端に落ち込みやすいのです。

中には、自分で創作したものを世に出すときに、自分自身が引き剥がされるような感覚を覚える人もいるかもしれません。

4. 魚座の優しさは本当に優しいのか

魚座はやわらかく優しい特性を持つとされています。感情がテーマの水星座のひとつでもあり、寄り添って包み込むようなイメージも持っています。

ここで、一貫性がなく感情の起伏が激しい、という性質もあることを踏まえると、常時優しい要素を使っているとは思えなくなってきます。

他人に依存し、ときに共依存という形を取り、被害者意識を持ちやすい、つまり悪だと思い込んだものに対しては徹底的に排除する方向に向く可能性だって高まるのです。

魚座こそ、心を開いた人に対しては思い切り毒舌を出せる星座でもあります。乙女座なんてひじゃないほどに。

魚座が、魚座的な優しさを常時発揮しているか、というと難しいところではなかろうか。

魚座の要素自体、意識的にコントロールできるものではなく、無意識だからね。

ふんわりふわふわなのが、優しさからではなく、単なる優柔不断でどっちつかず、決められない状態なだけかもしれない訳です。

優しさといってもいろんな優しさがあるから、魚座の在り方も優しさの一種とはいえますが、解釈次第では冷血と言い換えられる、かもしれません。

魚座に嫌気がさしてしまったら?それでもいいじゃない

魚座は12星座の一番最後であり、牡羊座から始まる新たな生命の物語に備えて、すべてを飲み込みリセットするサインです。

(占星術的には、牡羊座から始まって魚座で終わる順番にも意味がある)

それゆえ、ひとつになる同化パワーやすべてを飲み込む溶解力が強く、他人という外からはつかめないカオスが内部に広がっている。

ひとつ残らず救済し、まっさらな状態で次へ移行できるよう癒やしを持ち合わせている。そんなイメージです。

中には、魚座のネガティブな面だけを強調して、12星座の中で一番扱いにくいだの浮足だっていて大変だの言っている人も少なくないようです。

そういった発言や文章を読んだ人がショックを受けて、魚座マジありえない!と当たり散らしているところもネットで時折見かけます。

気持ちはわからなくはないですよ。魚座の曖昧さよりも、牡羊座や獅子座のまっすぐでパキっとした感じがいいって思える人がいてもおかしくない。

ただですね、魚座だけじゃなくて、すべての物事はコインの表裏、陰と陽です。良いところも悪いところもある。捉え方や解釈の違いです。

夢見がちだと現実逃避しやすいですが、想像力にたけていてファンタジーがあれば一人でも次の瞬間幸せに戻れます。

自己犠牲しやすいなら、自分のケアを優先的に取り入れればいい。他人のケアより簡単じゃないです?

12星座で一番ハードゲームって言われたら、それはハードゲームの舞台に立てる素質を持ってるってこと。

そんな自分すごい!誇らしい!って思えませんか?魚座弱い人なんて同じ舞台に立てる訳ないんですよ、立つ勇気すらないんです苦笑。

いずれ魚座で良かった、と思える日がやってくる、かもしれません。それは個人の人生のタイミングですから、焦らなくていいですよ。

占星術だけに関しては、今の人生を終えるまでは、生まれ落ちた瞬間のホロスコープを備えて生きる訳です。

どうせ生きるなら、ホロスコープを見て嘆くのではなく、ホロスコープを活かした方がいいと思います。

辛い出来事にもいずれ「あれがあってよかった」と気付けるときが来るかもしれないしし、酸いも甘いも味わいきって死んでいきたいじゃないですか。

というか、多分味わいきらないと魂の次のステージには進めないです。やることやり終えないとね。

話が逸れましたが、要は「魚座が強いなんて嫌なんですけど」と愚痴りたくなったら、愚痴っておけばいんじゃない、っていいたい訳です。

ときがくれば、魚座の見方が変わる日がきますよ、死ぬ間際かもしれないし、明日かもしれない。大丈夫です。

魚座の強い筆者らしく、ヒーリングと救いのあるメッセージで締めくくりました笑。

最後に:魚座を理解できると世界が少し違って見える、かも

このウェブサイトに唐突に魚座を取り上げたのか、というのも、単に筆者自身が魚座が強い生まれだから。

西洋占星術でいう魚座に個人天体と重要なアングル、影響強めの小惑星が魚座に入っています。

ちなみに太陽星座はプロフィールにあるように水瓶座ですが、正直魚座味が強いと自覚しています。

このウェブサイトもそう、主要カテゴリーはあれど、雑記ブログっぽい。何でもありのカオスになりやすい魚座的、苦笑。

どれかを選んでそれ以外を捨てるなんてできないよ!っていう感じです。

太陽星座よりも無意識レベルでの個人天体や配置になるので、自然と雰囲気なんかででやすいのはしかたないと割り切っています笑。

魚座の同化力やファンタジーパワーを、上手に社会に還元して生きていけたらベストだと思い、日々取り組んでいます。

まだまだわたしには、現実世界はハードルが高すぎてホント無理ゲーです苦笑。

魚座はみんな大変かもしれない。でも魚座だけじゃなくて、みんな大変だし、みんな幸せなんです。

自分の魚座や大切な誰かの魚座に思い悩む人が、これを読んで少しでも何か軽くなればいいなと思っています。