未経験からライターとして稼ぐたったひとつの方法【ライター論】

未経験からライターとして稼ぐたったひとつの方法【ライター論】

今回は、未経験からライターとして稼ぐたったひとつの方法についてまとめていきます。

ライターとして稼いだことがない人が、ライティング業務を請け負おうとする際に、うっかりやってしまいがちな行動について注意喚起するための記事です。

ライターで稼ぐことにフォーカスを当てることが、ライター活動の第一歩になります。

キャッチーなタイトルですが、内容はきちんとあるので、ライター活動を考えている方は読んでみてください。

[adchord

未経験からライターになるには?

案件に参加する。つまりライティング業務を受注することです。

とにもかくにもライティング業務を受けて、ライティングを始めること、これに尽きます。

文章の勉強やライターコミュニティーに参加して、同士を探すことなんかでなく、とにかくライティング業務を受注できるプロジェクトに参加してください。

ただし、未経験であれば経験者やベテラン向けの案件に応募しても、落選してしまうでしょうし、最初のうちはある程度の期間継続できるような案件を受けることも難しいかもしれません。

たとえ作文力や専門知識に自信があるとしても、です。

ライター、特にWebライターに関しては、日本語力だけでなく文章の流れや文章量、言葉遣いなどに共通点があります。

経験してはじめて身につくようなものも出てきますが、経験しながら身につけていけばいいだけです。

それでも「自分のスキルに自信がないのに、すぐに案件に応募して大丈夫なの?」など不安を感じる人もいるでしょう。

準備よりも「準備しながら実践」

準備してから実践ではなく、準備しながら実践、つまり準備と実践を並行して続けること。

ライターとして稼ぎはじめるために、今のあなたに必要なのは「準備」ではなく「実践」だということは、常に頭に置いておきましょう。

何事も準備してから始めるべきだと思っている皆さん。あるいは、準備してから始めたいタイプの皆さん。

気持ちはわかります。筆者も年々慎重さが増してきて、下調べ念入りにしちゃいますから。

しかしここで、ライターとしてライティング業務で報酬を得る、と決めたら、業務を受注しましょう。

最初は右も左もわからず、パソコンの画面の前で焦りながら作業をたどたどしく非効率にすすめる毎日かもしれません。

最初は誰しもそんなもんです。私だってホントひどかった、汗。

未経験のうちは数がものを言いますから、数をこなしていくうちにだんだんと感覚的に理解できるようになってきます。

そして自分のやっていることが客観的にわかり、クライアントからの修正指示にも的確に答えられ、修正回数もほとんどなくなり、納品物の満足度を高められます。(一気に話が飛躍しましたが、経験とともに成長していくという意味です。)

記事の修正依頼=ダメ出し?

ひとつ注意してほしいのが、クライアントからの差し戻しや修正はダメ出しではなく、アドバイス的に受け止めること。

自分のライティングレベルを上げるための有益な情報として、非常に重要な情報なのです。

誤字脱字は論外ですが、言い回しや言葉の使い方、理論展開の流れなどの指摘は、まずは素直に受け入れます。ライターとして成長できる大きなチャンスと認識しましょう。

中には、せっかく書いたのに、という気持ちが湧き上がってくる方もいるかもしれません。ゼロあるいはマイナスからスタートしているのですから、どんな言葉でもしかと受け入れましょう。

だからといって、自分自身の素質やライター適性を疑うまで落ち込んで卑下する必要はなし。次のライティングに活かせれば◎、くらいに思っておけば大丈夫です。

(当然ですが、いつになっても修正依頼が来ることをありがたがってしまうのはどうかと思いますね。経験値が上がってハイレベルになれば自然と対応できるはず、です。。)

未経験からライターとして始めるのに遅すぎることはない

未経験からライターとして始めるのに、遅すぎることはありません。

いつだって今日という日が、今後の人生で一番若い日ですから、今日いまから始めましょう。

とはいっても、早い方がいいに越したことはないですね。

準備ではなく、実際にライティング業務を受けるために行動を起こしましょう。

続いて、ライティング業務を未経験で受ける具体的な方法について考えます。

未経験でもライティング業務を受注する方法

代表的な未経験ライターの活動をピックアップします。

1.クラウドソーシングサイトで案件に応募する

2.ライター登録をする

3.海外のクラウドソーシングサイトで検索する

4.ライティング業務で求人検索をかける

在宅勤務やリモート勤務、派遣社員など自分の希望する働き方でライティング業務を募集していないか検索してみる方法です。

クラウドソーシングサイトは始めやすいですが、単価が非常に低いので経験だけ積むくらいの気持ちで参加することをおすすめします。

結論:ライターになるためにライティング業務を受け始めよう

しつこいようですが、勉強や準備は実践と並行して行ってくださいね。

ライターとして稼ぐためには、業務を始めないことには報酬は入ってこないです。

もうすでに準備や勉強に時間を費やしている人も、気づいた時点で、勉強や準備→業務で稼ぐ方向へと転換してください。

何ステップも違う方向に出しているうちに、気がつくと差が大きくなっていて方向転換するのも大事になってくるので、早めの対処が◎です。

目指すライター像へと、一歩踏み出してくださいね。