未経験からライターで仕事を得る方法とライティングスキルアップに効果的な勉強方法

未経験からライターで仕事を得る方法とライティングスキルアップに効果的な勉強方法

「未経験からライターとして活動するには、どうしたらいいのだろう」

「国語嫌い、読書嫌いでもライターになることはできるのだろうか」

そんな思いを抱えている人のために今回は、未経験からライターとして稼ぐ方法についてまとめていきます。

ライターで稼ぐことにフォーカスすることが、ライター活動の第一歩です。

ライターとして稼いだことがない人が、業務を請け負おうとする際にやってしまいがちな行動についての注意換気も含まれます。

ライター活動を考えている人、副業やフリーランス独立に向けてライティングスキルを身に着けたい人はぜひ最後まで読んでみてください。

[adchord

未経験からライターになることは可能!始めるのに遅すぎることはない

案件に参加する。つまりライティング業務を受注することです。

とにもかくにも、ライティング業務を受けてライティングを始めること、これに尽きます。

文章の勉強やライターコミュニティーに参加することや、仲間を探すことが最初ではありません。

とにかくライティング業務を受注できるプロジェクトに参加してください。

未経験であれば経験者やベテラン向けの案件には落選してしまうかもしれません。

また、ある程度の期間継続できるような案件を受けることすら、おそらく難しいでしょう。

たとえ作文力や専門知識に自信があるとしてもです。

Webライティングに関しては、日本語力はもちろん、記事の構成(ストーリの流れ)や文章量、言葉遣いを理解する必要があります。

経験してはじめて身につくようなものもありますが、経験しながら身につけていけばいいだけです。

未経験からライターとして始めるのに、遅すぎることはありません。

いつだって今日という日が、今後の人生で一番若い日ですから、今日いまから始めましょう。

とはいっても、早い方がいいに越したことはないですね。

準備ではなく、実際にライティング業務を受けるために行動を起こしましょう。

未経験からライター受注するためには準備しながら実践する

「自分のスキルに自信がないのに、すぐに案件に応募して大丈夫なの?」と不安な人もいるでしょう。

準備してから実践ではなく、準備しながら実践することです。

つまり準備と実践を並行して続けること

ライターとして稼ぎはじめるために今必要なのは「準備ではなく実践」だと常に頭に置いておきましょう。

何事も準備してから始めるべきだと思っている人や、準備してから始めたいタイプの人の気持ちはわかります。

筆者も下調べを念入りにしちゃう人です。

ただ、ライターとしてライティング業務で報酬を得る、と決めたら、業務を受注するために努力しましょう。

最初は右も左もわからず、パソコンの画面の前で焦りながら作業をたどたどしく非効率にすすめる毎日かもしれません。

最初は誰しもそんなもんです。未経験のうちは数がものを言います

数をこなしていくうちに、自分のやっていることがだんだんと感覚的に理解できるようになってきます。

クライアントからの修正指示にも的確に答えられるようになっていくでしょう。

修正回数もを高められます。

国語が嫌いでも、小説が嫌いでも文章を執筆するライティング業務はできます。

筆者自身、国語や読書感想文、小説が大嫌いでしたから、ライターとして活動しているのも皮肉なものですが事実です。

だからこそ断言できます。もちろん、かれこれ5年以上活動を続けてこれた理由としては、才能という単純で自分だけに特化した要素だけではありません。

今回は、経験を通して筆者が学んだライティングスキルをアップさせる方法をまとめて紹介します。

未経験からライターを始める際に取り入れたい勉強方法4つ

方法1.お手本記事をよく読む

お手本となる記事を検索上位サイトで探してみましょう。

クライアントによっては、素晴らしい記事をみんなにシェアしてくれる場合もあるので、必ずチェックしてください。

担当の方に「今後のために参考になる記事があれば教えていただけませんか?」など尋ねてみるのも◎です。

すでに公開されているサイトであれば、アクセスの多い記事や人気記事を開いて読みます。

以下のポイントに注意して記事全体をすみずみまで見てみましょう。

  • 構成と流れ
  • 見出しの付け方や長さ
  • 画像の位置と選び方
  • 表やリスト表記
  • 引用ボックス
  • 文字装飾

全体を眺めているだけでも、読まれる記事がどういうものなのか、ツールの効果的な使い方などを感覚的に身につけることができます。

経験が少ないライターさんであっても、お手本記事にたくさん触れることで、自動的につかめてくるものです。

できる限り良質なWeb記事を見つけて、自分のものにしていきましょう。

方法2. 書籍とWeb記事どちらも読む

名書と言われる古典的な書籍だけでなく最新のWeb記事も両方とも読んでおくことが大切です。

読まれる日本語の王道を読みつつも、移り変わりの早いWeb記事の文章を読んでいくと、ライティングの幅が広がります。

3,000〜8,000文字で校正され、数分で読めるウェブサイトの記事には、書籍や雑誌にはないWeb記事の雰囲気や書き方があり、ライティング業務をこなすことで身につけることができるでしょう。

ただ、伝わる文章を書くという意味では、適切な表現をするために必要な語彙力が必要です。

書籍や辞書などは避けて通れない必須ツールですので、両方を取り入れることをおすすめします。

方法3.基本的な日本語を押さえる

正しい日本語を使うことはライターの基本ですので、意識して学ぶようにしましょう。

特に学生時代に国語や論文が苦手で、読書をしてこなかった人は、本や辞書を使って基礎を身につける必要があります。

辞書や辞典、新聞記者用として作られた記者ハンドブックなど、ライター必携の書籍は複数存在しています。

ライティング作業では、正しい日本語を使っているかを常に確認しましょう。

方法4. 記事の修正やリライトを通して学ぶ

クライアントからの差し戻しや修正は、決して自分へのダメ出しではなくアドバイスです。

自分のライティングレベルを上げるための有益な情報として役立てましょう。

言い回しや言葉の使い方、理論展開の流れなどの指摘は、ライターとして成長できる大きな要素です。

せっかく書いたのに、という気持ちが湧き上がってくるかもしれません。

経験を積んだ後も初心に帰って、どんな言葉でもしかと受け入れて、次のライティングに活かしましょう。

未経験からライティング業務を受注する方法

続いて、ライティング業務を未経験で受ける具体的な方法について考えます。

代表的な未経験ライターの活動をピックアップしました。

1.クラウドソーシングサイトで案件に応募する

2.ライター登録をする

3.海外のクラウドソーシングサイトで検索する

4.求人サイトでライター求人に応募する

求人サイトや企業のHPなどで、ライティング業務を募集していないか探してみましょう。

在宅勤務やリモート勤務、派遣社員など自分の希望する働き方で検索してみ、あす。

クラウドソーシングサイトは始めやすいですが、単価が低いのがデメリット。

経験だけ積むくらいの気持ちで参加しておく方が無難です。

仕事が受注できるクライアントに出会えるよう、自分から動いていきましょう。

まとめ:未経験でもライティング業務は可能!

未経験からライターとして活動して、ライティング業務を受注するためには、勉強と準備、そして業務の実践とを並行して行うことが肝です。

もうすでに準備や勉強に時間を費やしている人も、一区切りさせて業務を受ける方向へと転換してみてください。

目指すライター像へと、一歩踏み出してください。

文章作成スキルアップに役立つライティングツール【文賢】