文賢は使えない?文章推敲ツールのメリットと使い方|ライティング文章作成効率UP

文賢は使えない?文章推敲ツールのメリットと使い方|ライティング文章作成効率UP

ライティングや文章作成をする人にとって、文章のチェックは重要な作業です。

効率よく客観的なチェックを通して、より文章の完成度を高めるためにはツールの利用も考えたいところ。

無料ツールでも十分ですが、正確で抜け目のないチェックと効率の良さを求める人には「文賢」がおすすめです。

ライターから評判の良い文章チェックツール「文賢」は、企業から個人ライターまで幅広く取り入れられており、口コミをいると使えるという意見がほとんどです。

口コミが偏っていることで「本当に使えるのか?」と不審に思ってしまう人もいるでしょう。

そこで、今回は 文章推敲ツール「文賢」は実際使えないのか?、真相とメリット、正しい使い方について改めてまとめます。

下記のような人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

  • Webや雑誌などでライティングを行っている人
  • 文章作成スキルをアップさせたい人
  • より魅力が伝わる文章を書きたい人
  • どうしても文章が助長してしまうと悩んでいる人
  • 誤字脱字や文法の間違いを効率よく減らしたい人

Advertisement

文賢という文章推敲ツールは使えないのか?

文賢が使えないという意見も少数ながら出ていますが、結論から言うと非常に使えるツールであることは間違いありません。

日本語の誤字脱字、接続詞、フレーズや漢字の間違いの指摘だけでなく、類義表現の提案や冗長部分の指摘、さらには辞書的機能なども含まれています。

これひとつでさまざまな使い道があるため、文章を書くという作業を効率化できるのです。

文章を書く人、ライターやブロガー、学生など日本語で文章を作成する人の右腕として役立ってくれるでしょう。

ちなみに、「文賢」とは、沈黙のWebライティングなどの書籍で有名な松尾茂起さんが考案した文章校正ツール。

ブログやWebライティングで役立つ機能が詰まっており、便利で役立つのは当たり前、ということになりますね。

文賢のメリット

文賢を使うことで得られるメリットを挙げてみます。

  1. ひとりでは思いつかない表現・語彙が身につく
  2. 読まれる文章の書き方が身につく
  3. 本当に伝わる文章が作成できる

文賢を使うべき理由は、先にまとめた機能をすべて使うことができるからです。

ライティング作業における自己校閲を効率化させるために、文賢が強い味方となってくれます。

1.ひとりでは思いつかないような表現・語彙が身につく

  • 類語・言い換え
  • 慣用句・ことわざ
  • たとえ・あるある

など、文賢には幅広い語彙が3,500以上収録されており、適切な単語を選んでくれる自動レコメンド機能がついています。

自分では思いつかない、普段使う自分の辞書にはないような表現や語彙をピックアップしてくれるのです。

使っているうちに、正しい日本語とともに語彙力が身につき、彩りと奥行きのあるライティングスキルが身についていきます。

ライターといえども物書きに所属しますので、日々語彙力を高めていく努力をしなくてはなりません。

辞書や本を通して学ぶよりも、実務を通して学べる分効率が良く、自分の担当分野の外からも学ぶことができます。

同時に、言葉を使って表現する楽しさまでも再確認できるはずです。

2.読まれる文章の書き方が身につく

Webで読まれる文章というのは特にシンプルで短めな文、いわゆる小学生が読んで理解できるレベルです。

逆に、読点や漢字が多い、くどい印象の文は、読みにくくてすぐに離脱される可能性が高くなります。

文賢は、読みやすく理解しやすい文章のコツ、

  • 余計な接続詞や装飾を省く
  • 短く読みやすい文章作成

に必要な要点を網羅的に指摘してくれます。

修正点を弾き出してくれるので、全体を通して自分の文章の特徴や傾向を眺められ、改善につなげられるのです。

3.本当に伝わる文章が作成できる

文章チェックツールの利点は、自分が書いた文章から本当に伝わる文章へと発展させられること。

良い文章の丸写し(写経)がライターの第一歩として推奨されていた時期がありましたが、これは人の文章をコピーするだけです。

しかし、ツールを使うと自分が書いた文章に校正が入ります。

つまり、自分の文章にどう手を加えたら本当に伝わる文章が書けるのか、より詳しく理解できるのです。

赤ペン先生的な役割を果たしてくれ、文章スキルの上達につながります。
すべての人の文章にアドバイス。文章の改善点をクラウド上で指摘するツール【文賢】

文賢でできること・できないこと

文賢でできること

公式サイト上では、文賢でできることについて次のように説明しています。

  1. より良い文章を書くための改善点がわかる
  2. 自分ではなかなか思い付かない「文章表現」「言い回し」が身につく
  3. 個人でもチームでも使い方に合わせてカスタマイズできる

文賢では11の機能を使用して、文章の推敲と修正が可能です。

  • 文章表現チェック
  • 校閲支援(誤字や脱字、間違った日本語)
  • 推敲支援(文章の読みやすさや分かりやすさ、不快さ)
  • アドバイス機能(最終チェック)
  • 音声読み上げ
  • デバイス別の見え方
  • 辞書登録、アドバイス追加
  • Chrome拡張機能
  • 漢字の使用率チェック
  • コメント付きの印刷

ライターとして致命的なミスとなる誤字脱字、間違い日本語などはもちろん、文章表現や読みやすさ、わかりやすさも確認してくれます。

音声読み上げ機能は、自分の耳で文章の読みやすさやスムーズさをチェックできるので、特におすすめです。

特に注目したいのが、Chrome拡張機能

Chromeブラウザ上の文章や、WordpressやGoogleドキュメントなども、文賢に一発送信、すぐ文章チェックを行えきます。

サブ機能として、漢字の使用率チェック、コメント付きの印刷なども完備。

総じて利便性の高い多機能ツールとして完成されています。

無料の日本語チェックツールは、誤字脱字や言い回しのチェックはできても、日本語の正しさの基準はあいまいですし、問題ない箇所まで指摘されているケースが少なくありません。

また、チェック後の指摘が見やすく理解しやすい点も文賢の強みであり、以上を考慮すると文賢の便利さがわかると思います。

 

文賢でできないこと

一方で、文賢でできないことはあるのか、というとある程度はあります。たとえば、

  • 固有名詞の誤字脱字
  • チェックしなくて良い部分までチェックする

などです。

このあたりは自分の作業でカバーできるので問題ないでしょう。

むしろ、不要な部分までチェックしてくれるくらいしっかりと確認してくれるツールの方が、安心ですよね。

文賢の基本情報

ここで、文賢の基本情報をお伝えします。

【スタンダートプラン料金システム】

  • 初期費用:10,800円
  • 月額利用料:1,980円(1ユーザーライセンス分)

【まとめ買いプラン料金システム】

  • 初期費用:10,800円
  • 月額費用:1,881円(5ユーザー以上)、1,782円(15ユーザー以上)、 1,683円(30ユーザー以上)

※価格は税込表記です。

登録時に初期費用、毎月の月額使用料がかかります。

無料ツールしか使ったことがなかったわたしは、正直躊躇する金額でしたが、納得の機能だと思っています。

むしろ、これを使って仕事の効率がアップすれば、もとが取れるどころか収入アップに確実につながるからです。

文章作成アドバイスツール【文賢】

まとめ

文章推敲ツール「文賢」は、ライターだけでなく文章を作成する人にとって非常に有益なツールです。

事業経費として考えれば1,980円は格安ですし、月額費用を払って使う価値は十分にあります。

より高い文章力や語彙力を目指す方は、ぜひ取り入れていきましょう。


文賢は無料では試せません。

無料ツールから始めたいという方はこちら↓で紹介しているツールからどうぞ。

【ライター仕事術】誤字脱字を完全になくす3つの便利ツールとチェックのやり方