ひどい肩こりを解消する「アルニカクリーム」を海外通販!デスクワークの救世主

ひどい肩こりを解消する「アルニカクリーム」を海外通販!デスクワークの救世主

現役ライターの筆者が「肩こりの救世主」と呼べるほど、画期的なアイテム=アルニカ(アーニカ)クリームです。

ライターやエンジニア、事務作業では肩こりに悩まされやすい人が多いはず。

肩こりや首のこりはすぐに慢性化して、なかなか治りにくいので軽いうちから対処するなど対策がかかせません。

今回は、ハーブの優しい力を持つアルニカクリームを詳しく紹介します。

肩こりにはもちろん、筋肉痛や乳酸が溜まった状態の全身の痛み対策として使える優秀なアイテムです。

肩こりや筋肉痛になりやすくて悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

Advertisement

アルニカクリームの海外通販・おすすめ国内商品

画像は実際に筆者が使っているアルニカクリームになります。

(かなり使い古した感があって、ほとんど減ってしまっている点はご了承ください。それだけ愛用しているんです!)

右の2つはイギリスから通販したもので、左はiHerbで購入しました。

イギリスから海外通販

右から、

同じサイトから購入しました。

2,500円以上購入で送料が無料になるので、この2つを一度に購入すれば送料はかかりません。なんて親切!

ヒリオス社の方がゼラニウム・ラベンダーのエッセンシャルオイル配合なので、軽く香りがしてリラックス効果を感じます。

ネルソンの方はthe無臭なので、香りが気になる方にもおすすめで朝にも使いやすいでしょう。

容量はどちらも30g、ネルソンの方はアルニカ濃度0.9%と記載がありますが、ヒリオス社の方は不明?です。

効果の体感は両方とも同じくらいありました。寝る前にマッサージしながら塗り込んでおくと、朝起きて肩スッキリです。

iHerbで通販

オーガニックコスメや食品のスーパー市場、iHerbにもありました。

無香料、かつパラベンフリー。70gなので大容量かつ低価格なのでコスパが良いです。

効き目のしっかり感じられました。レビューを見ても、一目瞭然ですね。

冷房の冷えで脚に乳酸が溜まった、と感じたらお風呂上がりにがっつり塗ってマッサージすると自然と改善して、よく眠れます。

アルニカを使った他の商品

ナチュラルコスメの大御所、コスメキッチンにもアルニカ商品が置いてあります。

ヴェレダ アルニカオイル・バスミルク・アルニカジェル

実は筆者がはじめてアルニカに触れたのが、Weledaのアルニカオイルでした。

少量でも塗った部分がポカポカして血流が良くなっているのを感じられて、感動したのを覚えています。

歩きすぎて筋肉痛になった脚に塗ると、1時間しないうちに脚が軽くなって痛みもほとんど取れました。

お風呂習慣がある人は、バスミルクを使えば浸かるだけでアルニカの効果を得られます。

全身の疲労を一撃したいという日には、バスミルクやシャワージェルはおすすめです。

アルニカクリームとは

アルニカクリームは、もちろん薬的な軟膏とは異なり、ナチュラルハーブを使ったクリームです。

(筆者のポリシーでもありますが、化学的な療法は避けて自分でできることを優先しています。)

先に紹介したアルニカジェルやオイル、バスミルクなどもすべて同じ仕様となっています。

アルニカ自体は植物の名前で、以下のように定義されています。

アルニカはヨーロッパ原産のキク科のハーブで黄色い花を咲かせ、その姿からウサギギクと呼ばれています。外傷や打撲、捻挫といった外部から物理的な力が加わって生じるトラブルに対し、軟膏やクリーム、ジェル、外用チンキ剤として古くから最もポピュラーに用いられてきたのがアルニカです。このため欧米では数多くのアルニカのホメオパシー製剤が流通しており、家庭の薬箱の定番製品になっています。アルニカはリウマチや関節炎、静脈炎、害虫に刺された際の炎症などにも用いられますが、その成分に潜在的な毒性があるため傷口が開いている場合や内用には一般には用いられません。また皮膚への刺激から湿疹などを生じることがあるため使用は応急の処置の範囲にとどめ、長期連用は控えます。アルニカの浸出油はアルニカ1に対して植物油5の割合で植物油中にアルニカを浸出せしめて作ります。アルニカ軟膏はこのアルニカ油(浸出油)を最大で15%まで使用して作ります。

(引用元:グリーンフラスコ

アルニカクリームは薬ではありませんが、血流に大きな影響を与えます。

ただし、肌に傷がある場合は刺激になる恐れがあるので、箇所についてしまわないように注意した方が良いでしょう。

アルニカクリームの使い方と効果

肩こりや首のこりに

しつこいほど書いていますが、肩こり、首のこりにはアルニカが本当に効果的です。

アルニカの大きな作用のひとつが、血流を促進し温めてくれること。

筋肉のコリは血流が悪化してしまったために、疲労回復や酸素供給、栄養補給が遅れて引き起こされることがわかっています。

血管を拡張させて血流を良くし、患部を温めてくれるアルニカによって、コリを軽減することができるのです。

筋肉痛や腰痛に

血流を促進させる効果を使って、筋肉疲労である筋肉痛やそれに通じる腰痛対策にもなります。

冷えによる脚や腕、腰の痛みや乳酸が溜まった違和感も、アルニカを塗ってマッサージすることで早く改善が見られるでしょう。

歩き回ることが多い旅行には、ぜひ携帯してほしい必須アイテムです。

寝る前にアルニカを塗っておくだけで、次の疲労感かなり違うと思います。

まとめ:アルニカクリームは肩こりに神対応!

という訳で、論理的に書いたものの、アルニカクリームへの個人的な情熱が混じってしまい、熱苦しい記事になってしまったかもしれません。

繰り返しますが、それくらいアルニカクリーム、あるいはアルニカを使ったアイテムは肩こりや筋肉痛に救世主的に活躍してくれるのです。

デスクワークの強い味方なので、使ったことがない方はぜひ一度試してみてほしいと思います。

PS.

アルニカ以外に添加物が多く使われているもの、香料で強い香りがあるものなどは避けた方が無難です。

あくまでもアルニカをメインに使っていて、余計なものを入れていない商品をおすすめします。