【超重要】メルカリは高評価ユーザーとやり取りを!mercariのコツ

【超重要】メルカリは高評価ユーザーとやり取りを!mercariのコツ

この記事では「メルカリのコツとユーザー選びの注意点」をメインにまとめています。

こんな方におすすめ:

  • メルカリで不要品を売ってみたい
  • メルカリで信頼できる相手と取り引きしたい
  • スムーズに売り買いをメルカリで行いたい

大人気のフリマアプリ「メルカリ」は、いまや通販サイト並に使われています。

新品のまま保管しておいた靴やキッチン雑貨、コスメ、楽器などを自分で値段を決めて販売することができます。

メルペイという電子マネーシステムもしっかりと機能し始めているので、売上金をアプリからコンビニなどで使用することもできる、など本当に「使える」アプリとなってきました。

ただ、やり取りする際には注意しておきたい点もあります。

メルカリで要らないものを売って、上手にお小遣いを稼ぐコツを、メルカリ歴4年強の経験を踏まえてまとめました。

Advertisement

メルカリを利用してお小遣い稼ぎをするコツ

出品する際には、次のような点に注意してみてください。

商品の相場をチェックしてから値段を設定

出品する際のポイントとして、商品がいくらで出品されているか、一度ざっと検索してみると良いでしょう。

面倒でも商品を検索することをおすすめします。

相場よりも安い値段だと売れるまで早いですが、利益は少なくなりますし、損してしまうかもしれません。

写真は全箇所を載せるくらいが◎

ピンぼけやはみ出しなどのない、鮮明な写真を掲載しておきましょう。

近年では写真が10枚まで載せられるようになりました。

できる限りいろいろな角度から写真を取って掲載するのがおすすめです。

こだわった画像でなくても、詳細がわかるようにしてあげると売れやすくなります。

コンディションは嘘偽りなく書くこと

当たり前でいまさら書くことでもないのですが、嘘偽りなく商品の詳細を説明してください。

新品同様と買いて、明らかに傷があるものを出品する、などは評価を下げてしまいます。

それ以前に、常識としてどうかと思いますしマナー違反でしょう。

ここ数年でユーザーが爆発的に増えたおかげでびっくりするようなユーザーが増えているのも否めません。

梱包は雨対策も考える

評価に直結するポイントのひとつが、梱包です。

商品に影響がでないのであれば正直なんでもいいと思います。

ショップバッグの使い回しや通販した際のプチプチなど、非常に役立ちます。

ひとつ気をつけたいのが雨対策

長い時間雨にさらされることはないとしても、配送途中で何があるかわかりませんから、しておくにコシたことはないでしょう。

紙の封筒に入れる前に、一度防水になるプラスチックの袋に入れておくと安心です。

購入してもらったor 購入した後は一言メッセージを

ユーザーの中には、「取り引きが成立した後ひとこともメッセージがなかった」という理由で、中評価をつけている人を多数みかけます。

メルカリのオフィシャルガイドにも、挨拶はしましょう、というルールが記載されています。

「はじめまして。購入させていただきました。短い間ですがよろしくお願いします。」といった簡単なメッセージでも送ってあげてください。

個人のやりとりの場ですからマナーを大切に。

購入して受け取ったらすぐに評価入力を

これもメルカリのオフィシャルガイドに記載がある上、評価を大きく左右する要素です。

特に注意したいポイントと言えるでしょう。

発送・メッセージ・コメントの返信はなる早で

出品側も購入側も、メッセージが来て返信が必要な場合は、できる限り早めに返してあげましょう。

出品中のコメント欄に質問が来ていたら、気づいてすぐに返信する方が、買ってもらえる確率が上がると思います。

メルカリのメリット・デメリット

もともとフリーマーケットが好きだった私にとっては非常に便利なサービスですが、使ったことがないという方にはシステムがよくわからないかもしれません。

そんな方のためにも、メルカリを利用するメリットとデメリットについてまとめます。

メリット

  • 不用品を好きな値段で売ることができる
  • 断捨離ができる
  • お小遣い稼ぎができる
  • メルペイを通せば手数料なしで(あるいは還元ポイント付きで)お得
  • 他のフリマアプリに比べて利用者が多いので売れやすい
  • 匿名配送が利用できる

デメリット

  • いつ売れるかわからない(研究の価値あり)
  • 定形外など実名を教えなければならない
  • 店舗と比較すると、どうしても信用度が低い
  • 商品の状態がわかりにくい
  • 日本未発売商品・転売商品などがやたら高額

メルカリで取り引きすべきユーザーの条件

  • 高評価が多い
  • 中評価・低評価があっても数年前
  • 取り扱っているジャンルを見る(難易度高)

やはり高評価以外の評価がない方は、信頼性が高いと思います。

他の評価があっても時間が経っている場合は、悪かった部分が改善されている可能性がありますので、最近の評価をチェックしましょう。

※高評価でもトラブルになる可能性はゼロじゃないので、後のエピソードを参照してください。

注意!メルカリで避けたいユーザー

  • 低評価が定期的についている
  • プロフィールが高圧的・ネガティブ
  • 商品が異様に安い(難易度高い)

安かろう悪かろうではないんですが、経験上そうなっているように見受けます。

「安い分、雑に扱うけどいいよね?」って出品者に言われているような気分になりますね。

高評価であってもとんでもない取り引きになることも?!

例外的なんですが、私の失敗談を紹介しています。こちらからどうぞ。

結論:クレーマー客・モンスター客とはやりとりしない!

メルカリではユーザー評価は大切な判断材料になります。

どれだけ安く商品を販売していても、ユーザー評価が気になる相手とは取り引きしないのがベスト。

少し高額であっても、納得のいく買い物をするようにしましょう。

出品する際には、自分が低評価とならないように、丁寧なやり取りを当たり前にしていきたいですね。

メルカリを楽しく使って、お金を上手に節約しましょう!

メルカリの登録はこちらから↓