メルカリ高評価の梱包のポイント|すぐ真似できる商品別梱包例も

メルカリ高評価の梱包のポイント|すぐ真似できる商品別梱包例も

メルカリで使っていないものを売り出すとき、梱包をどうしたらいいか不安に感じる人もいるでしょう。

梱包に不備があると、配送中に中身が破壊される、雨で濡れてしまうといったリスクがあり、「悪い」評価をにつながります。

だからといって、余計な梱包は厚みが出て配送料が高くなる、と梱包を節約しすぎても良くありません。

トラブルや悪い評価を確実に防ぐためにも、必要十分な梱包方法を知っておくと良いでしょう。

今回は、メルカリ高評価のコツでもある「梱包」のコツや商品ごとの手順、具体的なポイントを紹介します。

「メルカリで売りたいけれど、どう梱包(こんぽう)していいのかわからなくて困っている」

「配送中に壊れたり、汚れたりしない簡単な包装のやり方を知りたい」

以上のようなお悩みを持つ人におすすめです。

友人などへの送りものをする際にも役立つので、ぜひ参考にしてください。

Advertisement

メルカリで高評価をもらう梱包のコツ

メルカリで高評価を受ける、つまり悪評価を避けるために、2つの梱包のコツを押さえておきましょう。

  • 簡易包装でも「壊れない」梱包
  • 「やりすぎ」梱包>梱包しなさすぎ

メルカリとラクマ両方で100%高評価を得ている筆者が、実際に売却の際に気をつけているポイントです。

大切なのは簡易包装でも商品が壊れないこと

メルカリなどのフリマアプリでの梱包で最も重要なのは、中身に影響がでない状態であること。

中身が変形、変質しないよう配慮する必要があります。

これさえできていれば、どんな梱包であっても基本的には問題ないでしょう。

使用回数が少ない不用品や中古品を売り出せるフリマアプリでの配送では、自宅にあるものを使う人が多いはず。

ネットショップの運営のように、わざわざ梱包資材を購入することは少ないかもしれません。

実際に商品の説明欄やユーザーのプロフィール内に「簡易包装で発送します」といった文言もよく見られます。

通販で届いたときの梱包材を取っておいて、簡易的に包装するやり方でももちろん構いません。

対面でのフリマを想像してみてください。

壊れたマグカップや中身が漏れている化粧オイル、濡れている本をそのまま売りに出さないですよね?

割れそうなものはプチプチで包む、液体系のものは蓋を確実に閉め、防水対策をする、といった具体的な対応が望まれます。

やりすぎ梱包>梱包しなさすぎ

梱包は、しなさすぎよりは、やりすぎるくらいを目指しましょう。

しなさすぎて中身に影響が出るよりは、過剰な方が商品に影響が出る可能性が低くなります。

袋が破けてしまいそうなときは、1枚多く包む。緩衝材を十分入れる。

メルカリ梱包例【商品ジャンル別】

メルカリにおける梱包例を、商品ジャンルごとにご紹介します。

包む手順とともにまとめましたので、梱包の際に役立ててください。

書籍・CD・DVD

  1. ビニール系袋
  2. プチプチなど緩衝材
  3. 紙袋・段ボール・封筒など

洋服・ファッション雑貨・タオルなど布系

  1. ビニール系袋
  2. 紙袋・段ボールなど

箱なしの場合

  1. 一足ずつプチプチなどの緩衝材
  2. 二足合わせてビニール系袋
  3. (紙袋)

箱ありの場合

  1. 一足ずつプチプチなどの緩衝材
  2. 二足合わせてビニール系袋
  3. 紙袋・段ボールなど

化粧品・コスメ

  1. ビニール系袋
  2. プチプチなど緩衝材
  3. 厚めのビニール系袋・紙袋・段ボールなど

1と2は入れ替えても問題ありません。

食器

  1. プチプチなど緩衝材
  2. ビニール系袋
  3. 段ボールの箱

ギフト箱なども活用可能です。

家電

  1. プチプチなどの緩衝材
  2. ビニール袋
  3. 段ボール箱に入れる

家具

ソファや洗濯機などの大型家具は大型メルカリ便が便利です。

スタッフが商品を取りに来てくれるので、梱包や配送手続きが不要になります。

出品時に大型メルカリ便を選択する必要があるので、注意してください。

配送料はサイズによって異なりますが、オフィスチェアで200(約3,000円)〜250(約7,000円)です。

実際に梱包する様子を紹介してくれている動画も見てみてください。とても参考になりました。

ダンボールをカットして大きさ調整するやり方、めちゃわかります!笑

メルカリ梱包の具体的な4つのポイント

具体的な梱包方法をここで紹介します。

  1. 防水対策が必須
  2. 衝撃に耐えられる状態
  3. 全体を梱包する
  4. 中で「動かない」状態を作る

基本的にはこの4点を網羅すればOKです。

1. 防水対策を徹底する

防水対策は、すべての商品において必須といえます。

配送中に雨に当たる可能性があるほか、なんらかの原因で濡れてしまう可能性もゼロではないからです。

書籍や電化製品、洋服など水NGのものはしっかり防水対策する必要があります。

たとえ防水仕様のアウトドアアイテムであったとしても、自宅に届いたときに濡れていると印象が最悪です。

コスメなどの液体は中で漏れないように、しっかりと蓋をしめ、ビニールの袋に入れて梱包します。

他のものは、商品をビニール袋で包むか、外側の袋にビニールなどのはっ水素材を使いましょう。

2. 折れない&壊れない!衝撃に耐えられる状態を作る

配送中の衝撃への耐性を高めるために、プチプチ(緩衝材)や薄いスポンジ素材などで包みます。

硬いものを送る場合は、配送中にぶつかる、落とすなどによって壊れてしまう確率が高まります。

特に家電などデリケートな性質のものは、まだ使える中古品として出品しても、発送後何らかの原因で故障してしまうかもしれません。

自分の手から離れた後はコントロールできないので、配送前にできる限りの対策を行うようにしましょう。

グラスのボトルなどは、緩衝材からはみ出ることのないよう気をつけてください。

洋服やファッション雑貨(マフラーやストールなど)、布素材の雑貨などは柔らかいので使わなくても問題ないでしょう。

3. 全体を梱包する

一番外側の梱包は、商品全体を包むことが重要です。

一部分が包まれていない状態だと、故障や破壊、濡れなどの原因になってしまいます。

商品を完全に包み込める大きさの梱包材を使いましょう。

商品の一部が出てしまうようなギリギリのサイズではなく、大きめサイズのダンボールや袋を使ってください。

ここもやはり、足りないより大きすぎる方が◎です。

4. 中で動かない状態を作る

箱や袋の中で、商品が「動かない」状態を作りましょう。

梱包材の中で中身が固定されていると、配送車の揺れや積み上げによるトラブルの予防につながります。

商品よりもずっと大きな箱や封筒を使う場合は、テープなどを使って箱の中で固定します。

扇風機やドライヤーなど、キューブ型のダンボールとは形が大きく異なると難しく感じるかもしれません。

一番大きな部分を箱内に固定できるよう、緩衝材やテープで固定するのが望ましいでしょう。

衝撃を受けて割れる、故障するといった可能性を減らすために重要なステップです。

メルカリ個人ルールは公式サポート外なので要注意

ちなみに、メルカリの公式ガイドでは、「プロフィール必読」などの個人ルール表記は公式サポートの対象外とされています。

「プロフィール必読」と書いたところで、相手が読んでいないからと相手を罰することはできないということです。

ユーザーは全員が同じ認識ではありませんし、必読と記載したところで強要できるものでもありません。

あくまでも、お互いに気持ち良いやりとりができるように意識することが大前提。

そのための梱包であり、メッセージであり、出品ではないでしょうか。

まとめ:メルカリ梱包でクレームを避けて高評価をもらおう

メルカリでは、商品の状態はもちろん梱包も重要なポイントのひとつです。

防水対策や衝撃対策などを行った上で、丁寧に梱包して配送しましょう。

出品側には手数料と配送料を差し引いた残高が売り上げとして残るので、配送料を抑えたい気持ちはわかります。

ただ、配送料を優先して購入者への対応が悪くなってしまっては本末転倒です。

購入してくれたフリマアプリの先にいる人へ、安全かつ確実に届けられるよう、適切な梱包を心がけましょう。

メルカリはこちら

新規登録500円分のポイントがもらえる招待コードは「BCTNDB」