【TOEIC対策】900点を超えるリスニング3つの対策方法

【TOEIC対策】900点を超えるリスニング3つの対策方法

外資系企業や翻訳者など、ビジネスで本格的に英語を必須とする環境で働くための最低ラインはTOEIC900点とされています。

TOEIC試験自体は英語力の指標として就職、転職活動では参考にされるテストなので受けておいて損はありません。

しかし、毎回受験料がかかるので、少ない回数で高いスコアを出しておきたいですよね。

今回は、次のテストで900点超えを目指すためのリスニング対策についてご紹介します。

筆者は留学から帰国後10年以上経ってからTOEICを受験しました。1ヶ月ちょっとしか準備せずに受けて、スコアアップし910を達成しています。

TOEIC900点以上を目指している方、リスニングの分野に力を入れたい方は最後まで読んでみてください。

[adsense]

TOEIC900点は外資系就職の最低ライン

TOEICテストは、日本では今でも就職・転職活動において、英語力の指標のひとつとなっています。

就職に有利なスコアは0〜990点のうち、450〜500点以上と言われていますが、どういった業界、職種に就きたいかによって有利となるスコアは異なります。

外資系企業や通訳、翻訳の職種など、ある程度の英語が必須となる職業では、最低ラインが900点。

英語を使う仕事に就きたい場合、逆に900点以下の場合は履歴書に書くと逆効果と言われるレベルです。

990点の満点まで目指さずとも、900点は目指す価値のあるスコアといえます。

スコアを上げやすいのはリスニング

リーディングとリスニングの2分野のうち、得点を上げやすいのはリスニングです。

得意不得意は多少影響するとしても、リスニングの方がスコアアップにつながります。

リスニングはテストの前半に行われるため、後半のリーディングよりも集中して取り組めるため、得点アップしやすい点が理由です。

TOEIC900点以上で外資系に就職、転職したいという方は、まずはTOEICのリスニング対策から取り入れていきましょう。

TOEIC900点以上を取るリスニング3つの対策

具体的なTOEIC900点超えのためのリスニング対策は、次の3つです。

  1. 過去問・公式問題集を利用する
  2. ポッドキャストやYouTubeで耳を慣らしておく
  3. 他のテキストや問題集の選び方

1.過去問・公式問題集を解く

TOEICに限らず、試験勉強では過去問や公式問題集を解くことは大前提ですので、必ず一度はやっておきましょう。

本番と同じ形式の問題を解くことで、イメージがつかめるだけでなく、自分の伸びしろがどこにあるのか、自分の現在地を把握するのにも大切なステップになります。


TOEICの場合は無料で試験同様の問題を試せるサイトもあります。

非公式ではありますが、結構な問題数が公開されていますので、チャレンジしてみてください。

間違えた問題は放置せずに、分析して次に活かしましょう。

過去形などの時制の違いや、単語動詞が合体して聞こえるリエゾンなどは特に聞き間違いやすい部分です。

わからなかった問題は必ず原因を明確にして、次に同じ問題が来たらどう解くのかも理解してから次に進んでください。

2.ポッドキャストやYouTubeで耳を慣らしておく

リスニングで重要なのが、英語耳、つまり耳を英語に慣らしておくことです。

日々英語にどれだけ浸かることができるかが問題なので、ぜひ活用できるものはすべて取り入れる気持ちで行っていきましょう。

筆者は無料でガンガン使えるものはどんどん使っていくべきだと考える派なので、ポッドキャストやYouTubeはイチオシです。

また、月額1,500円で話題の書籍から有名本まで幅広く聞きながら読めるAudibleもおすすめです。

3.他のテキストや問題集の選び方

公式問題集の他に、単語集や問題集、参考書などを選ぶ場合には満点(900点以上)を取っている人が使っているものがおすすめです。

世の中には連続してTOEIC満点を取り続け、仕事にしている方もいます。

実際に筆者が910点を取ったときに使った金のフレーズは、満点を連続して取り続けてTOEIC対策を仕事としている方のウェブサイトを参考にして選んだものでした。

金のフレーズ1冊だけでもスコアアップが可能でしたが、本は相性も大切ですので、自分が使いたいと感じた本を選ぶための選択肢を、TOEICのプロが厳選している本から選びましょう。

公式問題集や参考書を使って、ひとりで独学するのが難しい場合は、コーチが教えてくれるパーソナルコースが効率的です。

最短3ヶ月集中的にTOEIC対策ができるスタディサプリENGLISH®は忙しい人でも無理なく取り組めるように3ヶ月集中で学習することを前提としています。

リクルートが提供する有名なプログラムで公式YouTubeチャンネルでは講師の解説も一部見ることができます。

スタディサプリENGLISH YouTubeチャンネル

100点以上アップさせると言われており、TOEICスコアを転職や就職に活かしたい人にもぴったりです。

無料キャンペーンと新規入会2万円割引など特典も盛りだくさんですので、試してみてください。

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

まとめ:TOEIC900点は準備次第で誰でも可能

TOEICスコアを上げる優先順位としては、リスニング>リーディングの順で取り組むのがおすすめです。

両方ともの勉強をすべきですが、リスニングの方が時間をかけずに学習してよく伸ばすことができます。

筆者は日本に帰国してから10年近く経って受けた試験で、事前勉強は試験本番の1ヶ月前くらいからしか行わず、しかも金のフレーズ1冊だけでリスニングは満点(495点)、910点をマークできました。

リスニングに特化した勉強法を取り入れて、TOEICスコアをぐんぐん伸ばしましょう。