ビジネス英語単語・熟語・スペル習得|ビジネス英単語用書籍やアプリ

ビジネス英語単語・熟語・スペル習得|ビジネス英単語用書籍やアプリ

ビジネスで使われる英語は特殊で、

TOEICテストもビジネス英語をある程度カバーしていますが、実際に使う英語となると少し奥行きがほしいところです。

今回は、ビジネス英語で使う単語や熟語・スペルを覚える学習方法と、使える教材やアプリを紹介します。

  • 仕事で使う英語力をアップしたい
  • プレゼンや交渉で話す英語の精度を高めたい
  • ビジネス英会話のボキャブラリーを増やしたい
  • ビジネス英語に特化している英語スクールを探している

以上のような人に役立つ情報をまとめていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Advertisement

ビジネス英語単語・熟語・スペル習得のコツと学習方法

ビジネス英語の単語・熟語・スペルを習得するためのコツは次の3点です。

  1. 文章の流れで覚える
  2. フレーズとして複数の単語を覚える
  3. 間違われやすい要注意ワードや敬語表現を覚える

辞書のような単語をいちいち覚えるよりも、文章の流れと結びつけて覚える方法や、フレーズとして複数の単語とセットで暗記する方法がおすすめです。

英単語とともに、実際のビジネスシーンにおける使い方を一緒に覚えることで忘れにくい上に、スムーズに思い出しやすくなります。

覚えた英単語の糸口や引き出しを増やすことが、ボキャブラリーの向上におけるポイントです。

前後のつながりや品詞が把握できるフレーズや、単語それぞれの例文が載っている書籍が役立ちます。

具体的な勉強方法4つ

具体的な勉強方法の例を挙げます。

1. 単語帳や暗記カードにフレーズや絵を書いて覚える

定番の単語勉強といえば、単語帳や暗記カードづくりです。

意味だけでなくフレーズや絵を書き入れることで、さらに覚えやすくなります。

2. マインドマップで関連づけていく

マインドマップ形式で、ひとつの単語から連想的に複数の単語をつなげて覚えていく方法もおすすめです。

単語帳や暗記カード同様に、直接自分で書くという行為を通して頭に入りやすくなります。

もちろんマインドマップのアプリを使う方法も有効です。スマホアプリの場合は、いつでもアプリを開いて復習できるので、すきま勉強にも効果的です。

3. ビジネス系海外ドラマ・映画を見る

ビジネス系の海外ドラマや映画を見ながら、ビジネスで実際に使われる単語やフレーズを耳で覚えることができます。

ボキャブラリーを広げるのにも有効な方法なので、便利なVOD(Video on Demand)の動画配信を活用していきましょう。

4. ニュース動画やポッドキャストを聞く

ビジネス英語といえばニュースも含まれます。

海外のニュース動画やポッドキャスト、ラジオなども耳でビジネス英単語を増やしていくのに有効です。

ビジネス英単語を学ぶおすすめ書籍

ビジネス英単語の学習におすすめの書籍を紹介します。

1. 即戦力がつくビジネス英単語CD-ROM付


即戦力がつくビジネス英単語は、ビジネスシーンで最も使われる200の英単語の意味と使い方が丁寧に解説されています。

フレーズや熟語を覚えるのに重要なコロケーションも充実しており、類語まで広げて学ぶことができます。

練習問題を通して定着させ、使い方までマスターできるので、初心者から上級まで幅広い層に対応しています。

書き取りディクテーショントレーニング用のオンラインアプリが2ヶ月無料で使える特典付き。

2. ビジネス英語 Word Choice

学習塾でも有名なZ会のシリーズ、ビジネス英語 Word Choiceは、辞書形式にまとめられたテキスト。

ひとつの日本語の単語に対して複数の英単語が示され、例文とともにそれぞれのニュアンスの違いを含めて覚えられます。

また、シチュエーションごとに使い分けたいワードや、的確に意図を伝えたいときのフレーズなど、実用的な内容が豊富に収録されています。

デスクにひとつ置いておきたい便利な一冊です。

3. 頻出ビジネス英単語1600

頻出ビジネス英単語1600は、見開きで英文と日本語の意味を学んでいくタイプの書籍です。

TOEIC試験でも頻出の単語がしっかり収録されており、テスト対策としても使えます。

英単語の数を増やしたいときにおすすめです。

ビジネス英単語や熟語用の参考書の選び方

ビジネス英単語・熟語の勉強用に参考書を選ぶ際には、簡単だなと思えるレベルから始めるとスムーズです。

誤解や間違った暗記がない状態でこそ、覚えた単語を使って確実に通じる英語を話せるようになります。

仕事で実際に使うことを優先する場合は、例文の多い書籍が、ボキャブラリーを底上げしたい場合は収録単語数が多いものを選ぶと良いでしょう。

また、勉強する際には1冊ずつこなすことも大切です。

本を読むときは複数を並行読みしても問題ありませんが、英語学習の参考書や問題集はひとつずつ確実に終わらせることで、次のステージに進めます。

ビジネス英単語を学ぶおすすめアプリ

ビジネス英単語学習に使えるおすすめのアプリを厳選しました。

1. mikan

英単語アプリのおすすめで出てこない場面がないほど定番とされるのが、mikanです。

筆者もやりました。最後の方になると知らない単語のオンパレードでかなり刺激になりました。

意味を覚えるために繰り返しトライしやすい仕組みが整っています。これが無料というのもすごいことです。

気軽にスマホを見ながらポツポツ単語を覚えていくのにぴったりのアプリです。

2. ビジネス英会話

名前のとおり、ビジネスの場面で使う英語にフォカースしたアプリがこちら。

会議や交渉、プレゼントなどのビジネスシーンで使われるフレーズが合計約930ほど収録されています。

職種や業者も選べる点はユニークですね。自分の業界があれば、実践的なビジネス英語を学べるでしょう。

英単語のインプットをはじめ、フレーズや例文のスピーキング練習にも役立ちます。

通勤・通学などのすきま学習にも最適。すべての機能を無料で使えます。

ビジネス英会話をiOSで見る/Google Playで見る

3. スタディサプリEnglish ビジネス英語コース

スタディサプリEnglish ビジネス英会話は、有名な英語アプリ「スタサプ」のビジネスバージョン。

オフィスで使う英単語や英語例文が多数収録されています。

海外出張、ミーティングなどリアルなシチュエーション設定が充実しており、楽しみながら続けられます。

単語やイディオムのチェック、ディクテーションなどもしっかり網羅。

対象レベルは、TOEIC400〜860点以上とされており、英語初心者でも問題なく取り組むことができるでしょう。

なお、ビジネス英語コースを使っている人は、日常英会話コースが無料になります。

7日間の無料体験でまずは試してみてください。

ビジネス英語を効率的に学べるおすすめプログラム

ビジネス英語の単語だけでなく、英会話やリーディングスキルなどを包括的に学びたい人には、ビジネス英語特化型プログラムがおすすめです。

1. ビズイングリッシュ

BizEnglish(ビズイングリッシュ)は、3ヶ月で現場で使える英語をマスターするための短期集中型オンラインクラスです。

毎日受けられる授業は1回50分と長めに設定されており、レッスンの時間内にしっかりと学習内容を定着させることができます。

専属講師が一貫して担当してくれるので、新しい先生に対して緊張する心配もありません。

教材は決まっていますが、自分のレベルや目的に合った進め方をしてくれるので効率的なレベルアップが可能。

まずは無料カウンセリングで授業内容やレベルについて相談してみましょう。

2. Bizmates(ビズメイツ)

【Bizmates(ビズメイツ)】は、仕事で使う英語の習得を目指す人の英語スクールです。

MBAや博士号を保有するトレーナーなど、1,500人以上もの講師が在籍。

業種や業界に合った英語を教えるプロから学べます。

25段階のランク分けがあり、ランクアップを通じて英語力上達の達成感が得られます。

トレーナーの質の高さ、オリジナルの教材、そして独自メソッドにより、2020年オリコン顧客満足度調査講師部門第1位を獲得。

もし満足できない場合には、全額返金してもらえる保証も付いていて安心です。

最後に:ビジネス英単語を習得して引き出しを増やそう

ビジネスで使われる英語の単語やフレーズは特殊ですが、数はそこまで多くありません。

日常英会話がある程度できる人であれば、ビジネス英語特有の使われ方をする単語やフレーズを習得できればすぐにレベルアップできるでしょう。

自分に合った勉強方法を取り入れることで、ボキャブラリーをしっかり増やしていくことが可能です。

仕事で使う英語がマスターできれば、スムーズに業務がはかどりますし、成果にもつながるなどのメリットがあります。

ここで紹介した書籍やアプリ、プログラムを活用してビジネス英単語の引き出しを増やしていきましょう。