誰にでもできる!貯金を続ける方法

誰にでもできる!貯金を続ける方法

貯金が続かない、と悩んでいる人へ。

貯金は続けないと意味がありません。

何かに使うための貯金ではなく、一生使わない貯金をすることが経済的自律のポイントです。

Advertisement

一生使わない前提の貯金?

「一生使わなければ、貯金の意味がないんじゃ」と思っていませんか?

実は、貯金があるという事実だけにものすごい意味があって、貯金があるというだけで「現実にできること」が格段に違うのです。

貯金を続けるだけでも、目に見えない部分にも大きなメリットがあります。

「貯金がある」人だけができること

貯金があると、自分個人の経済状況の保証になります。

数字は確固たる証拠ですから、銀行口座に貯金額があるというだけです。

しかし、マイホームのローン、クレジットカードや賃貸申し込みの審査に通りやすいというメリットがあります。

また、英語で残高証明を持ち込むと信頼度が上がり、VISAに通りやすい傾向にあるなど、海外での財政状況の保証としても使用できます。

海外移住や海外銀行を使った投資や資産管理に関しても、貯金があるというだけで非常に大きな役割を果たすことがわかります。

貯金を続けて得られる「見えないメリット」

貯金を続けて得られる「見えないメリット」それは、精神的な余裕と安定。

これは実は現実生活においてとても大きな影響を与えます。

精神的に余裕があるところに、お金はより入ってきやすいのです。

貯金がないことで、生活のあらゆるところで不安がついてきやすくなります。

もちろん、一生使わない貯金なので使える金額が増えるわけではありません。

ただ、「貯金がある」という事実だけで精神面はずっと安定するのです。

貯金があるかないかで、メンタルの安定度は気づかないほど左右されています。

実際に貯金を続けられた人だけが感じられる感覚なので、ぜひある程度続けてみてください。

どうしたら貯金を続けられる?実践方法

とはいっても、貯金が続かない人や貯金をしたことがない人にとっては、貯金を始めるということ自体が大きな壁になるでしょう。

そこで、貯金を始めるおすすめの方法を紹介します。

1.毎日お財布にある小銭を貯金する。

2.お給料が入ったらまっさきに貯金する。

このどちらか、か、両方。両方が一番良いですが、共通するポイントは、

貯金ができる=お金に余裕がある=お金が余る

という状態を毎日作り出すことです。

次第に習慣化して慣れていきます。

貯金は「収入額の1割」が原則。

ちなみに、この「1割」という割合は、人間が変化を抵抗なく受け入れられる割合だと言われ、1割なら無意識レベルから抵抗なしに継続できるという訳です。

毎月お給料が入る場合は、毎月定期預金などに登録すると自動的に貯蓄が進んでいくので楽です。

給料支払日の次の日に貯金口座に移行されるよう、設定を銀行にお願いする。

あるいは自分で口座を移す、など方法は何でも良いです。

ただただ給料の1割を貯金しましょう。収入がある度に毎回、毎月です。

1割貯金を続けるといくら貯まるか知りたい方は、下記記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

【貯金シミュレーション】毎月の「収入の1割」を貯金するといくらになる?

3.削れる出費と増やせる収入がないかチェックする。

貯金を始めるのに「節約」「収入を増やす」というのは後回しにしてください。

今の状態で、今あるお金で始める」というのが貯金を続けられる人になる重要なポイントです。

今ある生活、今使えるお金を大切にできない人は、収入が増えても同じ状況を繰り返します。

貯金を続けられる人になるためには、今から始めましょう。

お金持ちでも貯金をしていない人はいる

SNSなどでは、お金を稼いでいても貯金をせず、好きなアートや車、体験に使っているという人も存在します。

確かに貯金をしなくても、経済的な自由は手に入るかもしれません。

それから貯金をしなくても生活できている、というのであればそれはそれで全く問題ありません。

貯金をして手に入るのは、経済的安定、精神的安定の両方です。

精神的な安定や余裕から生まれるものは、目に見えるものも多いものです。

(、、、怪しげな話になりそうなので割愛します。)

会社員だから毎月お給料が入ってきて、貯金がなくても大丈夫、という方。

急なリストラや減給は、本当に現実的にありえないですか?

貯金しないといけないと、わかっていてもできない。

貯金をはじめても続かなくて使ってしまう、という方。

今こそその癖を変えませんか?

「収入額の1割」の理論や、貯金の意味については、下記図書も非常に参考になります。

分厚いですけど、内容が濃いので半分に分けて読んでかまいません。ぜひ繰り返し読んでみてください。

貯金への意識がガラリと変わるはずです。

まとめ

貯金を続ける方法はいくらでもありますが、今まで続かなかった人にはハードルが低くて始めやすく続けやすいやり方がおすすめです。

ただ口座を開いてお金を入れるだけでなく、「貯金を続けるんだ」という決意も必要になります。

今度こそ貯金を続けて、生涯自分のために役立つ貯蓄を形成していきましょう。