フリーランス歴5年のライターが仕事を受け続けるためのコツは「提案力」

フリーランス歴5年のライターが仕事を受け続けるためのコツは「提案力」

「提案力」とは、自分からアイディアを提案することです。

一見ライティングを仕事とするライターにとっては対して重要に思われないスキルかもしれません。

しかし、特にフリーランスのように不安定な受注状態を日々乗り越えていかなければならない立場では、提案力は営業力以上にクライアントの信頼や業務継続に役立っていることを実感しています。

そこで今回は、フリーランス歴5年を過ぎた現役ライターである筆者が「提案力」の大切さを含め、仕事を受け続けるために普段から意識しているポイントについてまとめていきます。

これからライターとしてフリーランスあるいは副業を始めたいと思っている人や、ライティング業務を受けているが不安定で困っているという人にとって役立つ情報ですので、最後まで読んでみてください。

Advertisement

「提案力」=相手の役に立とうとする意識

では早速「提案力」とはなんなのか、ご説明していきます。

自分で考えた見出し・章を提案する

構成があらかじめ作成されているところに、本文をライティングして記事を作成する案件では、自分で考えた見出しを作成する必要はありません。

しかし、記事の流れ上必要だと感じたら、見出しや文章を提案してみましょう。

少し長くなってもさらに読んで納得できる、読者の満足度の高い記事を目指すのは、記事ライティングに関わる人の使命でもあります。(使命なんて大それた言い方ですが、事実です。)

ライティングする際にリサーチをしながら、「こういう説明があった方がいいんじゃないか」と思ったら、加えてみることも検討して校正担当者にその旨を伝えてみてください。

与えられた構成であっても、キーワードや読むであろう読者に対して最高な記事を作り上げる意識を持つと、ライティング作業がまったく違うものになってくるはずです。

そして、こうした考慮が普段からできるようになると、自分がブログやサイトを立ち上げてマネタイズしようと思ったときにも非常に役に立ちます。

書く前に徹底的に調べる

自分の専門分野や専門キーワードであっても、入念にリサーチすることを怠らないようにします。

自分が知らない単語や分野についてはもちろん調べてから書き始めるでしょう。

専門分野であっても、徹底的に調べてからライティングするように(調べながらライティングするように)すると、修正が少なくなります。

というのも、修正は校正担当者と自分お互いに取って「時間と手間の無駄である」ということです。

大きなクライアントや案件に携わるようになると、余計に校正からのフィードバックまで時間が空くことになり、何度も何度も同じ記事に手を入れなければなりません。

書籍のような膨大な文章量を校正していくのとは異なり、Webライティングにおける1記事3,000〜10,000文字を何度も、間延びされながら修正しなければならないのは、精神的にも骨の折れる作業です。(個人的には)

書く前に徹底的に調べて情報を頭に入れることを徹底しましょう。

細かなことも鵜呑み・放置しない

不明点は聞いてなんぼです!

確認してから作業する意識でライティングを進めましょう。

後々認識が異なっていた、こちらの認識が間違っていた、といった理由で大幅に書き直しになってしまうと、残念すぎます。

ただし、マニュアルや注意事項を読んで、他のライターさんの対応(他の記事でどう組み込まれているか)を探して参考にしても、疑問が解決しなかったときだけにするのが望ましいです。

すでに共有してもらっている情報について尋ねるのは(当然ですが)相手の貴重な時間を奪うことになるのでやめましょう。

ときには素直に降参する

これ以上わからない、どうしてもうまくまとまらず納期を過ぎてしまいそう、など煮詰まったときには、素直に降参してクライアントにそのまま伝えることも大切です。

当たり前ですが、毎回クライアント任せにして中途半端な状態で納品するのはご法度。

かといって、納期を過ぎるとわかっていてズルズルと作業するのもよくありません。(たとえ事前に遅れると伝えていてもです。)

アドバイスいただけませんか?と丁寧に相談を依頼すれば、相手も快く一緒に考えてくれるでしょう。

その辺、どのくらいのラインならOKが出るか、といった境界はクライアントや担当者のタイプや人柄を含め「肌感覚」での判断になっちゃうかもしれません。

もう経験による勘みたいなのが働くこともあるので、こればっかりは経験が少ない方にはおすすめできないといえます。

ただ、経験が少ないからこそ、質問して確認する回数を増やすなど、貪欲に吸収する意識や姿勢が価値になりやすいのは事実でしょう。

そこに甘えずにコツコツ積み上げていく意識を持ちながら業務に努めていれば、いやでも力はついてくるでしょう。

結論:フリーランスでは特に提案力>営業力

ライティング能力が高いだけではだめなんです、ライターは。

フリーランスは仕事が常にあるとは限らず、稼がなければ生活できない立場ですから、どんな状況になっても乗り越えられるサバイバルスキルが必須です。

新しい顧客を開拓する営業力が重要視されるかもしれませんが、今仕事をしている「目の前のクライアントに何ができるか」を考え実際に行動することが、より効率よくシンプルに仕事の満足度(報酬や単価含め)を高める秘訣だと断言します。

記事内で書いたように、提案力を意識して1日1日仕事をしてみてください。

半年ほども経ったころには、きっとドラスティックな変化が現実となっているはずです。

PS.

目の前に120%のちからを込める、というフレーズで思い出すのが、安室奈美恵氏。

彼女のライブは毎回本人の120%が込められている、とDVDを見返すたびにひしひし感じています。

全身に汗を流しながら必死で歌って踊って、真剣な眼差し、そして笑顔なし。

彼女のライブの真骨頂は「笑わない」パフォーマンスにこそあった、だからこそあんなにも飛躍され伝説となったのだ、個人的には思っています。

引退された今、元気に暮らしているでしょうか。。