フリーナンス(FREENANCE)フリーランス向け請求保険サービスで安心

フリーナンス(FREENANCE)フリーランス向け請求保険サービスで安心

フリーランスで案件ごとに数十万から数百万といった請求書を発行している人は、お金が実際に動くまで期間を要します。

また、さまざまな企業や人が関わる案件を多く抱えるフリーランスにとっては、予期せぬ事故や問題が起きた際に自己負担になる可能性も考えられます。

以上の請求や補償に関する便利なサービスが「フリーナンス(FREENANCE)」です。

この記事では、フリーランスにとって要となる「請求や保険」を守るフリーナンス(FREENANCE)について紹介します。

請求書の即日払いや、業務に関係するトラブルの補償など便利なサービスですが、安心して使えるのか不安という人に役立つ内容になっています。

また、便利なサービスではありますが、使わなくても問題ないフリーランスもいますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

フリーランスの請求書を即日払い【フリーナンス(FREENANCE)】

Advertisement

フリーナンス(FREENANCE)はどんなサービス?

フリーナンス(FREENANCE)はどんなサービスなのか、ポイントを要約します。

  1. GMOクリエイターズ株式会社が2018年10月から運営
  2. 3つのサービス(損害賠償保険・振込み専用口座・即日払い)が無料で使える
  3. 登録無料、審査はあり

1.GMOクリエイターズ株式会社が2018年10月から運営

フリーナンスは、審査はありますが基本的に無料登録後にすぐに使い始められます。

とはいっても、運営会社はGMOクリエイターズ株式会社というGMOグループのいち企業なので怪しいサービスではありません。

2.3つのサービス(損害賠償保険・振込み専用口座・即日払い)が無料で使える

主なサービスは次の3つです。

あんしん補償(損害賠償保険):業務遂行中の事故やフリーランス特有の事故など最高5,000万円を補償

振込み専用口座:収納代行用口座として使える、与信スコアによって手数料が変わる

即日払い:請求書をフリーナンスが買い取って最短即日で振り込み(手数料3〜10%)

あんしん補償プラス(有料オプションの所得補償):怪我や病気で働けなくなった際の補償(あいおいニッセイ同和損保保険株式会社)

万が一の際に起きる業務中の事故、個人情報の漏洩、受託物や納品後の事故などのトラブルに対して、補償される保険があんしん補償(損害賠償保険)です。

取り引き先からの振り込みは、フリーナンス内の振り込み専用口座へ、その後別のメインバンク口座へ必要なときに移行できます。

そして、取り引き先の支払い遅延対策としても有効なのが、即日払いシステム。

請求書をフリーナンスが買い取ってくれ、早ければ即日振込みが可能です。

なお、即日払い時の手数料は振り込み専用口座を使うほど低くなります。

有料オプションであるあんしん補償プラスは、病気などで働けなくなった際の所得補償のことです。

あんしん補償プラスの特徴

  • 最長1年間の補償(保険金として受け取り)
  • 国内外を問わず24時間・365日補償
  • 地震・噴火・津波など天災による怪我も補償

大手保険会社「あいおいニッセイ同和損保保険株式会社」のサービスがオプションとして付けられます。

他の保険と比べても安い保険料で利用できるので安心です。

3.登録無料、審査はあり

無料で登録して使い始められますが、審査があります。

フリーナンス(FREENANCE)のメリット・デメリット

メリット

  • 業界や職種問わず基本誰でも利用できる
  • 取り引き先への信用証明になる
  • 万が一のときの自己負担を減らせる
  • 業務・事業を安心して継続できる

フリーナンスは業界や職種問わず、誰でも無料登録して利用できます。

保険関連の組合やサービスは、業種や職種によって分けられていることもありますが、フリーナンスはすべてのフリーランスが対象です。

また、取引先に安心してもらうための信用証明として使えます。

何かトラブルや事故が起こったとき、企業なら個人への負担も軽くて済みますが、フリーランスは基本すべて自己負担です。

「あんしん補償」によって取引先が守られる上、自己負担の軽減にもなります。

取り引き先の支払いが遅れても、フリーナンスから支払われるため、フリーランスの死活問題である資金繰りも安定します。

結果、安心して事業が継続できるでしょう。

デメリット

  • 即日払いに手数料がかかる
  • 与信審査が厳しめである

即日払いには手数料がかかります。

手数料の金額は振り込み専用口座の与信によって異なり、与信が上がるほど手数料が安くなる傾向にあります。

振り込み専用口座の与信を上げる方法として、電話インタビューがありますので、時間があるときに受けておきましょう。

フリーナンス(FREENANCE)のサービスを使うべき人

フリーナンス(FREENANCE)のサービスは、次のような人にぴったりのサービスです。

業務委託など請求書を発行して、支払いを受ける人

仕事上トラブルの損害賠償リスクが存在する人

資金管理が苦手な人

請求書の即日払いでは、実際のクライアントの支払いを待つことなく、こちらの都合で現金化できます。

その際の手数料はサービス内の与信などで異なりますが、3〜10%と安く気軽に利用できるでしょう。

フリーランスや個人事業主の場合、機材破損や情報漏えい、納品物の瑕疵などの仕事上のトラブルによる損害賠償の自己負担は大きくなる可能性があります。

高額機材や個人情報など機密情報を日頃から扱うフリーランスに、フリーナンスは適しています。

自分の身を守るためにも、保険を上手に活用しましょう。

資金管理が苦手な人も、請求書や資金を一括管理できて便利な上、急に資金が必要になった場合にも対応が可能です。

必要ないフリーランスも

請求書などを請求せずとも支払いを受けられる仕事のみをしている場合、請求書による即日払いができません。

また、以下のタイプの人にはフリーナンスを使う必要はないでしょう。

  • 委託契約にあてはまらないフリーランス
  • ウェブサービスから報酬システムで収益化しているフリーランス (Googleアドセンス、アフィリエイト広告、インスタグラム、YouTube、note、電子書籍や本の印税、ストックフォトなど)

フリーナンス(FREENANCE)の使い方・無料登録方法

フリーナンスの使い方は簡単で、まず無料登録が必要です。

フリーナンス(FREENANCE)の無料登録方法

登録のやり方を簡単に説明します。

アカウントと口座情報の登録

1. メールアドレスまたはFacebook/Googleアカウントで登録

フリーナンス公式サイトの「新規登録」をクリックします。

メールアドレスを入力して「無料口座開設」をクリックすると、しばらくしてメールが届きます。

本文のURLをクリックして各種情報の設定へと進みます。

2. パスワード/電話番号を入力

3. フリーランス/個人事業主の基本情報入力

フリーナンス振込専用口座の屋号/ペンネーム入力もここで行います。

4. メインバンク口座情報を入力

フリーナンス振込専用口座から現金を振り込むためのメインバンク口座を登録します。

5. 本人確認の身分証明書を登録

運転免許証(両面)やパスポート、マイナンバーカードなど、いずれかの顔写真付き身分証明書を登録して、会員登録は完了です。

登録後の審査

口座開設の申し込みが完了したら、登録内容の簡単な審査が行われます。

審査結果は約2週間ほどで郵送されるとのこと。早めに申し込んでおくと安心です。

本人確認コードの登録

審査が通ったら本人確認の手続きをして、「フリーナンスあんしん口座」開設が完了です。

まとめ

フリーランスにとって肝であるお金と保険を扱うサービス、フリーナンス(FREENANCE)。

無料で登録できる保険サービスというお手軽さとは裏腹に、メリットも大きく使いやすいという印象です。

大手インターネットサービスグループによる運営と、大手保険会社の付帯サービスという点も安心できます。

業務委託などで大きな案件に携わるフリーランスの方にとっては、事業の安定した継続をサポートしてくれるありがたい仕組みでしょう。

本業に専念するためにも、ぜひ役立ててください。